Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/02/07

ショートが似合う人の特徴とは?骨格別に似合うヘアスタイルを紹介

ショートが似合う人って一体どんな人なのか?
憧れのショートが似合う人になるために、自分に似合わせるためのポイントを見ていきましょう。

誰でもポイントさえ知れば、ショートが似合う人になることができます。
あなたに似合うヘアスタイルを探していきましょう。

Large richard jaimes 570311 unsplash  1
目次

ショートヘアの種類

クールなショートが似合う人

ショートヘアを3種類ご紹介します。

  1. ショートボブ
  2. ショートレイヤー
  3. マッシュショート

以上3種類のショートヘアについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

種類①:ショートボブ

女の子らしく可愛さが出せるショートヘアです。
ショートボブは短すぎず、長すぎず一番ショートヘアの中で可愛らしさを一番出せる髪型です。

そのまま内巻きにしてもかわいいですし、毛先を巻いてもかわいいです。
編み込みをしたり、ハーフアップもできたりとアレンジもできるのでその日に合わせたかわいい髪型にしやすいメリットもあります。

種類②:ショートレイヤー

ショートヘアにレイヤーを入れると、少しボーイッシュな印象にしあげることができます。
カジュアルファッションが似合う髪型になるので、元気っ子をアピールすることができます。

レイヤーを入れることで髪に動きを出しやすく、ワックスを使ってふわふわの動きある髪型にするとおしゃれになります。
ショートヘアだからこそレイヤーも際立っておしゃれになります。

種類③:マッシュショート

マッシュショートはボーイッシュに仕上げることができます。
ラフでカジュアルな印象に仕上げることができるので、ジーンズコーデがよく似合うようになります。

メンズものの服を着てもきまるので、格好いい女性を演出することができます。
マッシュショートのいいところは、ボーイッシュ感を出しながらも女性らしさをしっかりと出せることです。

顔周りに動きのある髪を作ることによって、小顔効果もあるので試したい髪型ですね。

<下に続く>

ショートが似合う人の絶対条件「5.5センチルール」とは?

ショートが似合う人の条件に当てはまる人

ショートが似合う人の条件として、耳の下から顎の下の部分を、垂直に測った時に5.5cm以下がいいと言われています。
それ以上になってしまうと、ショートヘアが似合わなくなってしまうようです。

5.5cm以上の人はショートよりもロングヘアの方が似合うようです。
顔の形でいうと面長の人は似合わないということですね。

確かにショートヘアにしている人は顔が少し丸みのある人が多い気がします。

<下に続く>

ショートが似合う人の顔の条件

格好良くショートが似合う人

ショートが似合う人の9つの顔の条件をご紹介します。

  1. 顎がシャープ
  2. 可愛らしい顔
  3. 小顔
  4. 卵型
  5. 顔がはっきりしている
  6. 広がりにくい髪質
  7. 色白
  8. 首が細い
  9. 目が大きい

以上9つのショートが似合う人の顔の条件について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

条件①:顎がシャープ

ショートが似合う人は顎がすっきりとしている人が多いです。
ロングヘアだと輪郭を隠せるので、どんな顔の形でも割と似合う傾向にあります。

しかしショートにしてしまうと、顎のラインがくっきりと出て輪郭がすべて見えてしまいます。
顎に肉付きがいいと、その姿も見えて顔が大きく見えてしまいます。

ショートが似合う人は卵型さんや、面長さんのような顔がすっきりとしている人を多く見ますよね。

条件②:可愛らしい顔

ショートヘアにすると、どうしても男っぽい顔になってしまいます。
ボーイッシュな印象になるために、元々勇ましい顔をしている人がショートにしてしまうと女性らしさがなくなってしまいます。

ショートが似合う人は、勇ましい人よりも女性らしさがある人です。
元々可愛い印象の顔の人がショートにすると、ボーイッシュさが残ってもかわいい雰囲気を保てるのでおすすめです。

ショートを可愛く似合わせるのは、元々の顔の印象が大きく左右します。
ショートは男っぽい方が似合うのではないかと思いがちですが、実はショートが似合う人はその反対でしたね。

条件③:小顔

ショートが似合う人は顔が小さい人が多いです。
顔の大きさどれくらいなの?と思う人がショートヘアを可愛く似合わせています。

芸能人でいえば剛力彩芽や本田翼なども、小顔でショートヘアがよく似合います。
フェイスラインが出てしまうために、顔が小さい方がショートが決まります。

顔が大きい人や、ぽっちゃりタイプの人はショートにしてしまうと顔の大きさを強調させることになってしまいます。

条件④:卵型

ショートが似合う人の顔の形は卵型がいいと言われています。
卵型は顎もシュッとしていて、顔のラインがきれいに出やすいためです。

面長さんだと、顔が長く見えてしまったり、丸顔さんだと顔が大きく見えてしまったりします。
卵型の顔の人は、元々の顔の形が整っているためにどんな髪型でもたいてい似合う羨ましい形です。

条件⑤:顔がはっきりしている

目鼻立ちがはっきりとしている人の方が、ショートが似合う人です。
ショートにしてしまうと、髪の範囲が少ないので顔が強調されます。

その時に目はぱっちりで、鼻が高くて彫りが深い人の方がショートが似合う人です。
顔が薄い人がショートヘアにしてしまうと、質素な顔になりやすいです。

ショートにした時はメイクで顔を濃くするなど、アイメイクはしっかり目にして工夫した方が良さそうですね。

条件⑥:広がりにくい髪質

ショートヘアはロングヘアよりもセットが大変です。
短い分寝癖もつきやすく、髪の毛が広がりやすいです。

元々湿気で髪の毛が広がってしまったり、寝癖がつきやすい人はショートにすると大変かもしれません。
ロングヘアだと多少寝癖がついてもごまかせてしまうので、広がりやすい髪質の人はショートヘアは控えた方がいいでしょう。

条件⑦:色白

ショートが似合う人は色白な人です。
色が関係あるの?と不思議ですよね。

色黒の人はショートが似合わないわけではなく、色黒でショートにするとボーイッシュが際立ってしまうためです。
色黒の時点で女性らしさは薄らぎやすいのです。

色白の女性は、それだけで女性らしさが上がり美人な人が多いです。
そのため色白だと女らしさが上がるので、ショートにしても可愛くできるのです。

条件⑧:首が細い

ショートが似合う人は顔の形だけではなく、首の形も似合う形をしていました。
首が細い人のほうがショートが似合います。

ロングヘアーだと首が隠れますが、ショートだと首には髪の毛はこないので首の形がきれいに見えます。
首が太いときれいに見えません。

首が細くて少し長い人の方が、顔も小さく見えてきれいに見えます。

条件⑨:目が大きい

ショートが似合う人は目がぱっちりとしています。
目が大きくてぱっちりとしていると、目が顔の面積を占めます。

小顔で目が大きいと、目の範囲がほとんどの割合を占めるので更に顔が小さく見えます。
顔もはっきりとするので、可愛く仕上がります。

目がぱっちりでない人は、マスカラなどのアイメイクで目を大きく見せるメイクをすると似合いやすいですよ。

<下に続く>

ショートが似合う人のメリット

かわいいショートが似合う人

ショートが似合う人の4つのメリットをご紹介します。

  1. イメチェンできる
  2. アレンジで印象を変えられる
  3. お手入れが楽
  4. 色んな髪型を楽しめる

以上4つのショートが似合う人のメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット①:イメチェンできる

ショートが似合う人は、今までロングヘアだったのをばっさりと切ることができます。
髪の毛は一番その人の印象を決める部分なので、大きなイメチェンをすることができます。

ショートが似合う人はイメチェンがしやすい特権がありますね。
ショートヘアにするのは女性にとっては勇気がいるため、中々ショートに踏み切れずに伸ばしっぱなしの人も多いです。

そんな中ショートが似合う人だということがわかれば、躊躇することなくしたい時にイメチェンできます。

メリット②:アレンジで印象を変えられる

ロングで巻いたり、くくったりする人からすると、ショートヘアはアレンジができない髪型だと思いがちです。
しかしショートヘアも意外とアレンジを楽しむことができ、ショートの方がアレンジした時に印象が変わりやすいです。

ショートでも巻くことはできますし、パーマをかけても印象は変わります。
片方に髪の毛を寄せてバレッタで止めてもかわいいですしね。

レイヤーを入れたり、アッシュを入れても映えるのはショートヘアの特権です。
ショートが似合う人は、ショートに似合うアレンジも覚えられるのでアレンジの種類を豊富にもてます。

メリット③:お手入れが楽

女性にとって髪の毛のケアほど大変なことはありません。
日々のシャンプーやドライヤーのお手入れが軽くなるのは、一番のメリットです。

夏場に長時間ドライヤーを当て続けるのは、ちょっとした地獄です。
シャンプーも髪の毛が長かったり多いと、それだけで大変ですよね。

ショートヘアはそんなちょっとした悩みをなくすことができ、お手入れも楽にできます。
ショートが似合う人は、夏場はショートで軽くして冬場はロングと気候に合わせて長さを変えられますね。

メリット④:色んな髪型を楽しめる

ショートが似合う人の一番のメリットは、色んな髪型を楽しめることです。
ショートが似合う人ということは、他の髪型も似合うということです。

気分に合わせて髪の毛を伸ばしたり、ボブにしたり、ショートまで切ったりと色んな髪型に挑戦することができます。
ショートの中でも色んな髪型をすることができるので、髪型のバリエーションが豊富に楽しめます。

<下に続く>

骨格別!ショートが似合う人になる方法とおすすめヘアスタイル

ショートが似合う人になりた人

丸型タイプ

丸型タイプの特徴

丸顔さんはフェイスラインに丸みがあるのが特徴です。
太っているわけではなく、顔の輪郭がゆるかで顎周りが丸くなっています。

丸顔かどうか見分けるための特徴としては、顔の縦の長さと横の長さの比率です。
丸顔さんはだいたい同じ長さになっています。

ショートヘアのポイント

丸顔さんは顔の丸みを隠すようなスタイルにすれば、ショートが似合う人になることができます。
すっきりと顔の形に合わせるよりかは、縦ラインが長くなるようにサイドの髪の毛を持ってくるのがいいですよ。

前髪を作る場合は、ぱっつんではなく横に流す形にすることで可愛くできます。
顔の形がでないようにするのがポイントですね。

おすすめスタイル①:ひし形シルエット

前髪はすかして横に流し、サイドの髪をふわっと顔周りにくるように切ることによって、ひし形になります。
ひし形シルエットを作ることで、小顔効果にもなり、ふわっとした女性らしいかわいい印象に仕上げることができます。

フェミニンな服装にも似合い、アクセサリーをつけることでまた印象も変わってきます。
丸顔だからこそ出せる愛らしい印象を活かせるスタイルです。

ひし形シルエットは、ショートが似合う人と思っていない人でも簡単に似合わせられるスタイルです。

おすすめスタイル②:長め前髪

長い前髪をサイドに流すことで大人っぽい印象を作ることができます。
前髪があることでフェイスラインも隠せるので、気になる丸顔さんのフェイスラインの悩みもなくすことができます。

丸顔さんが格好いいショートが似合う人になるなら、長め前髪がおすすめです。
気分を変えたい時はピンで留めたり、編み込んでも可愛いです。

その時はしっかりと留めてしまうよりも、ふわっと留めるのがポイントです。

おすすめスタイル③:センター分け

前髪を作らずセンター分けにすることで、大人っぽいヘアスタイルに仕上げることができます。
前髪が短いと逆に顔を強調してしまうことになりますが、サイドの髪として流しても違和感ない長さなら小顔効果になります。

目もぱっちりとした印象になるので、ショートが似合う人の特徴的な雰囲気を作ることができます。
センター分けは前髪ありよりもお手入れが楽なのもいいところです。

面長型タイプ

面長型タイプの特徴

面長は縦の長さが横の長さよりも長い顔の形のことです。
縦に顔が長いことによって、キリッとした印象を抱かれることが多いです。

クールで物静かなイメージや、かわいいというよりかは格好いい印象をもたれるのが特徴です。
卵型の人からしたら、面長さんタイプは憧れる顔の形です。

ショートヘアのポイント

面長さんがショートが似合う人になるには、前髪で縦の長さをカバーするのがポイントです。
面長さんの場合は広めのぱっつんヘアでも問題ありません。

可愛く見せたい場合は、サイドの髪のボリュームをつけて丸く見せるのがいいですよ。
トップにボリュームを出してしまうと、面長の形を際立たせてしまうので注意が必要です。

面長さんがショートが似合う人になれば、格好いいショートスタイルが似合うので年を重ねても若く見られるヘアスタイルを作れます。

おすすめスタイル①:ショートボブ

ショートボブスタイルは自然と顔周りにボリュームがある形になるので、面長さんがショートが似合う人になるのにおすすめのヘアスタイルです。
サイドを軽くふわっと巻き上げて、ボリュームを出しても可愛く仕上げることができます。

ボブでボリュームを出せば多少無造作でも問題ありません。
無造作感がおしゃれを引き立て、フェイスラインが出過ぎないようにすることができます。

おすすめスタイル②:無造作ショート

面長さんのクールな印象を活かすと、格好いいショートが似合う人になれます。
外ハネをさせることで、格好いいスタイルに仕上げることができます。

少しかきあげたようにトップをふわりとさせていますが、前髪を顔周りから流すことで縦に長くならないようにカバーしています。

耳周りまでボリュームがあることで、縦のラインが長く見えないようになります。

おすすめスタイル③:レイヤー入りショート

挑戦しやすいスタイルのショートヘアです。
顔周りにレイヤーを入れることで小顔効果があり、前髪をセンターわけでふわっと分けることで顔周りに髪が来るので縦の長さもカバーできます。

一番首のラインがでて、きれいに見えるスタイルです。
格好いい印象にも仕上がるので、濃いめのメイクがおすすめです。

ショートが似合う人でないと、中々挑戦できない人にもおすすめのショートスタイルです。

下膨れ型タイプ

下膨れ型タイプの特徴

下膨れ型タイプはその名前の通り、顔の下の部分が膨らんでいる形のことです。
特に頬にボリュームがあるので、丸く見られる顔の形をしています。

形は卵型に近いですが、卵型の形の頬だけが膨らんでいるような顔です。

ショートヘアのポイント

下膨れ型さんには立体感のあるショートヘアにすることで、ショートが似合う人になります。
後頭部辺りにボリュームを出すようなヘアスタイルにすることで、頭の上の部分にボリュームが出るので立体的なひし形に仕上げることができます。

そうすることでふっくらとした頬がカバーでき、ショートが似合う人になることができます。
元々の顔の形は関係なく、コンプレックスとなる部分をカバーして、そこを活かせるヘアスタイルにすれば心配ありません。

おすすめスタイル①:パーマで無造作ショート

パーマにすることによって、髪にボリュームを出すことができます。
髪が長いとパーマにすると髪の形やパーマのスタイリングを気にしないといけません。

ショートであればパーマが多少無造作でも、ボリュームを出せばいい感じに仕上げることができます。
トップにボリュームを出すことで全体的にバランスの取れる髪型にできます。

ボリュームを出せば、頬が気にならないのでショートが似合う人になれるかわいいスタイルです。

おすすめスタイル②:ひし形ショート

ひし形にすることで、気になる頬の膨らみも気にならなくなります。
ショートは顔の形が出るスタイルだと思いがちですが、ショートこそ顔の形をカバーできる髪型です。

顔周りに髪の毛をこさせることができるので、輪郭をカバーしやすい髪型です。
ひし形にすることで、顔のバランスが整うと気になるところが気にならなくなります。

ショートに挑戦しにくい人は、まずはひし形にしてみてください。
ひし形にすることで、自分はショートが似合う人だと確信できます。

おすすめスタイル③:ゆる巻きショート

ふわふわと女の子らしい髪型も似合います。
気になる頬はゆるく巻いたサイドの髪で隠すことで、カバーすることができます。

ショートボブくらいの長さにすれば、ゆるく巻いてもとてもかわいくなります。
前髪は透かし前髪で前髪にもパーマをかけてあげると、動きのある髪が横の長さもカバーしてくれます。

ふっくらした頬も可愛らしい髪型によって、長所に変えられますよ。
ゆる巻きでショートが似合う人になれば、女の子をより楽しむことができます。

<下に続く>

ショートが似合う人におすすめのヘアアレンジ法

ショートが似合う人をアレンジする人

ショートが似合う人におすすめの3つのヘアアレンジ法をご紹介します。

ヘアアレンジ①:編み込み

簡単にアレンジできるのが編み込みヘアーです。
耳周りの髪の毛を編み込んでもかわいいですし、前髪を作っていない場合は前髪を編み込むと印象が変わります。

編み込みのいいところは、編み込む場所によっても印象が変えられるところです。
編み込み方も工夫したり、最後にかわいいピンで見せて止めるかなども工夫できます。

ショートが似合う人は、編み込みの仕方を変えることで様々なショートのおしゃれを楽しむことができます。

ヘアアレンジ②:ハーフアップ

ハーフアップも簡単にできてかわいいアレンジです。
ショート・ショートな人でも、ピンでとめてハーフアップにすることができます。

上げる周辺の髪だけ巻いてみたり、トップにボリュームを出したりと様々なアレンジの仕方があるのでかわいいを楽しむことができます。
ハーフアップはピンやバレッタ、使うものによっても印象を変えることができるのでおすすめです。

ヘアアレンジ③:お団子

ショートが似合う人のアレンジでかわいいのはお団子です。
お団子にすることで、ショートの顔周りの髪の毛を全て後ろにすることができます。

ショートならではの小さなかわいいお団子を作ることができるので、お団子に慣れていない人も作りやすいかもしれません。
ワックスで髪の毛に空気を入れれば、ボリュームを作ることができます。

<下に続く>

ショートが似合う人の前髪アレンジ法

色気のあるショートが似合う人

ショートが似合う人の3つの前髪アレンジ法をご紹介します。

前髪アレンジ①:くるりんぱ

前髪をくるりんぱすることで、簡単にアレンジすることができます。
ショートが似合う人は、くるりんぱで外にピンをとめてもいいですし、横髪の中に隠すように流してもかわいいです。

くるりんぱは簡単にできるのでおすすめです。
前髪が長い時には、おでこを思い切りだすのもいいです。

前髪アレンジ②:大きなピン留め

ショートヘアは前髪のアレンジでも印象が変わります。
かわいい大きなピンを留めるだけでも、ピンが強調されてかわいいアレンジに仕上がります。

色んなピンを集めて、その日の気分に合わせてピンを変えるのも楽しいですね。
ショートが似合う人はピンで色んなアレンジを試してみるといいですよ。

前髪アレンジ③:かきあげ前髪

格好良くショートが似合う人になりたいなら、かきあげ前髪もおすすめです。
ショートでやるとボーイッシュ感が強まりますが、服装やメイク次第では色気を出すことができます。

かきあげ前髪をする時は、口紅は真っ赤な色がおすすめです。
可愛くというよりかは大人っぽいメイクをすることで、女性らしさを際立たせることができます。

<下に続く>

ショートが似合わない人の特徴

ショートが似合う人が羨ましい人

ショートが似合わない人の7つの特徴をご紹介します。

  1. 面長
  2. 顔が大きい
  3. 首が太い
  4. 自分の骨格にあっていない
  5. ぽっちゃり
  6. 髪が広がりやすい
  7. 髪が多い

以上7つのショートが似合わない人の特徴について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴①:面長

ショートが似合う人は、耳から顎まで垂直におろした時の長さが5.5cm以下だと言われています。
面長の人は範囲が広くなる人が多いために、ショートヘアが似合いにくくなっています。

ショートヘアは顔周りが強調されるために、変に細すぎる顔が際立ってしまいます。
面長さんはストレートのロングや、パーマをかけて顔周りを隠すヘアスタイルの方が似合いやすいと言われています。

特徴②:顔が大きい

顔が大きい人はショートにしてしまうと、顔の大きさがより目立ってしまいます。
顔が大きい人は、顔の大きさを隠すようなヘアスタイルにすることで、ショートが似合う人になります。

顔が大きかったり、頭が大きいと自分が思い描いているきれいなショートスタイルになりにくいことが多いです。
その結果似合わない髪型になってしまいます。

特徴③:首が太い

首が太いとショートヘアがきれいには見えません。
ショートにすると顔周りで髪の毛が終わってしまうために、首が強調されます。
細くて長い首の方が小顔にも見えますし、全体的なバランスが整いやすいです。

首が太いと、寸胴に見えてロングのときは気にならなかったのに太って見えてしまうかもしれません。
ショートはそれだけ顔周りが強調されてしまうので、首の太さも見ておきたいものです。

ショートが似合う人になるには、首をカバーできる服を着るといいかもしれません。

特徴④:自分の骨格にあっていない

ショートが似合う人の骨格と似合わない骨格の人がいます。
これは太っているとか太っていないとか関係なく、生まれ持った骨格なので仕方ありません。

ただ骨格に合った似合うショートヘアも勿論あるので、自分の骨格に合わないショートヘアにしてしまっている可能性があります。
ショートを格好良く決めているヘアモデルは、基本的にショートが似合う骨格の人です。

その人をイメージしてしまうと、なんか違うヘアスタイルになってしまいます。

特徴⑤:ぽっちゃり

ぽっちゃりさんもショートが似合いにくいです。
体型もそうですが、顔がふっくらとしてしまうとショートにするとふっくらとした顔の肉が強調されてしまいます。

加えて体全体で見た時に、シルエットが太くなってしまいます。
ただボリュームを出せばぽっちゃりさんでもショートが似合うので、すっきりとした印象よりもボリュームのあるショートヘアをしてみましょう。

特徴⑥:髪が広がりやすい

髪が広がりやすい人はショートヘアを扱えない可能性があります。
ショートが似合う以前に、いいショートヘアのスタイルをキープするのが難しくなってしまいます。

すぐに髪の毛が広がってスタイリングが乱れてしまうので、せっかくのショートヘアが可愛くなりません。
髪質の問題なので、手入れができるのであれば問題ありません。

特徴⑦:髪が多い

髪の量が多い人は、ショートヘアにすると重く見えてしまうのでおすすめできません。
ショートは顔周りに髪の毛が集まるために、量が多いと暗い印象になりやすいです。

顔が小さくても顔が大きく見えてしまうので、髪が多い人は長めのヘアスタイルの方が似合いやすいです。

<下に続く>

ショートが似合わないと思い込んでいる理由

ショートが似合う人が羨ましい女性

ショートが似合わないと思い込んでいる3つの理由をご紹介します。

  1. 自分に似合う髪型を知らない
  2. 小顔じゃないと似合わないと思っている
  3. 昔失敗したから

以上3つのショートが似合わないと思い込んでいる理由について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

理由①:自分に似合う髪型を知らない

ショートヘアは挑戦するのに敷居が高い髪型です。
そのため、自分に似合う髪型がわからないと、ショートヘア=難しい、だから似合わないと思っている人が多いです。

実際挑戦してみると似合うことが多くても、挑戦する前から諦めてしまいがちです。
またはショートが似合う人の条件を見て、自分の特徴を知らないまま勝手に無理だと考えている人もいます。

理由②:小顔じゃないと似合わないと思っている

ショートが似合う人は小顔の人に多いです。
この情報だけを聞いて、小顔じゃないからショートは似合わないと思ってしまっている人もいます。

ショートと一言でいっても、アレンジ次第では小顔でなくてもショートを似合わせることができます。
丸顔だったらトップにボリュームをつければ可愛くなります。

その情報を知らずにあきらめてしまう人が多いようです。

理由③:昔失敗したから

昔ショートヘアにしたら似合わない、と言われたことがショックで挑戦しない人もいます。
ショートヘアは前髪のありなしや、段を入れるか入れないかでも変わってきます。

自分に似合わないショートスタイルにしてしまうと、可愛くは見えません。
それを知らずに、過去似合わないショートをしたことがトラウマになる人も多いです。

髪型は服装と違って、失敗してしまうとしばらくその状態でいなければなりません。
その時の記憶から挑戦したくないと二の足を踏む人が多いようです。

<下に続く>

ヘアスタイル別!ショートが似合わない人が似合うようになる方法

ショートが似合う人になれた女性

ベリーショートが似合わない人

ベリーショートが似合う人は女性的でありながらも、格好良さがある人が多いですよね。
そのためベリーショートが似合わないと感じる人は多いです。

中々挑戦し辛い髪型ではありますが、ベリーショートが誰にでも似合う髪型があります。
顔周りを前上がりにすることで、顔周りに髪の毛がくるのでベリーショートで髪の毛を切っても印象を変えづらくなります。

ショートヘアが似合わない人

丸顔や顔が大きいとショートヘアが似合わないと感じますよね。
顔を強調してしまうのではないか、というう不安もあります。

実はショートが似合う人は一部ではなく、誰にでも似合う髪型なのです。
自分の顔の形を活かしたショートにすれば、ショートが似合う人になることができます。

丸顔の人は顔周りやトップにボリュームをつけることで、丸顔でも可愛いショートが似合う人になることができます。

ショートボブが似合わない人

ショートボブが似合わない人は、ボブ=ストレートで耳が見えないボーイッシュな髪型や、マッシュルームのような髪型を想像する人が多いです。
顔周りにキュッと髪の毛を集めてしまうと、顔の形が際立つ形になります。

面長さんや卵型であれば似合う髪型ですが、丸顔であればより顔が大きく見えてしまって、似合わないと嘆くことになってしまいます。
ショートボブが似合わない人はパーマをかけることで、ボブのキュッと顔周りに髪の毛がくるのを防ぐことができます。

<下に続く>

ショートが似合わない人のショート似合わせメイク術

ショートが似合う人のメイクをする人

ショートが似合う人になる3つのメイク術をご紹介します。

メイク術①:赤リップ

ショートを引き立たせるには、顔のパーツをはっきりとさせることが大切です。

ショートが似合う人は元々目鼻立ちがくっきりしていることが多いです。
赤リップは、それだけで顔に存在感を与えることができ、色っぽさも出すことができます。

ショートは女性らしさを演出できる髪型なので、大人の女性感を出すメイクをすることで、ショートが似合う人になれます。

メイク術②:オレンジ系アイシャドウ

アイシャドウはブラウンよりもオレンジ系の明るめの色を使うのがいいですよ。
ブラウン系にすると落ち着いた色合いになりますが、オレンジ系を使うことで明るくて元気な印象になります。

ショートが似合う人は中性的な顔の人が多いです。
明るくて元気っ子になるのであれば、オレンジ系統のアイシャドウがおすすめです。

アイラインも明るめのブラウンを使うと、明るい雰囲気に仕上げることができます。

メイク術③:おフェロメイク

フェロモンたっぷり、色気たっぷりのおフェロメイクはショートヘアと相性バッチリです。
色気をあげることでショートが似合う人になることができます。

おフェロメイクは肌にツヤ感を出すのが大切です。
クッションファンデーションや、ツヤを出すハイライトやお粉を使うようにしましょう。

チークはクリームタイプのチークを、頬の高位置に塗りましょう。
これだけで色気のある顔つくりをすることができます。

<下に続く>

ショートが似合わない人のコーデのポイント

ショートが似合う人の服を買う人

ポイント①:シンプルにまとめる

ショートカットはシンプルにすっきりとまとめるコーデがおすすめです。
パンツスタイルであれば、無地のトップスにパンツスタイルがおすすめです。

シンプルコーデがあうので、可愛く仕上げたいのであればワンピースもおすすめです。
ショートカット自体がすっきりとまとまるため、コーデががちゃがちゃしているとバランスが悪くなってしまいます。

ショートが似合う人は、顔の印象は強くなるので服装はシンプルの方がバランスがとれるのです。

ポイント②:デコルテを見せる

女性らしさを出すことでショートが似合う人になることができます。
ショートは髪型次第ではボーイッシュになってしまうため、デコルテを見せることで女性らしさを見せることができます。

デコルテが見えるコーデをすることで、ショートだからこそ見える首周りがすっきりとするので、女性の曲線を出すことができます。

<下に続く>

ショートが似合う人の特徴と、似合うヘアスタイルのまとめ

ショートが似合う人になろうとする女性

ショートが似合う人の特徴をそれぞれ見てきました。
ショートヘアは難しい、というイメージがありますがヘアスタイル次第でショートが似合う人になれることがわかりましたね。

それぞれ似合うスタイルがあります。
自分の骨格を知って、それに合わせた似合うショートヘアにしてみましょう。

ショートが似合うことがわかれば、ヘアスタイルのバリエーションも広がっていきます。
メイクやコーデも変えて、ショートが似合う人になっていきましょう。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line