Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

つまらない人生を楽しくする方法12選!つまらないと感じる特徴&原因とは

キラキラな生活をしている人と比べてしまいと自分の人生は「つまらない」と感じてしまうことってありますよね。
つまらない人生はどうしたら楽しい人生に変えることが出来るのでしょうか。

まずはつまらないと感じてしまう原因や、特徴を知り、人生を楽しくする方法を手に入れましょう。

Large girl 1733352 640  1

つまらない人生から抜け出したい!

つまらない退屈な人生から抜けだそうともがく人

毎日の生活を時間に追われるように過ごしていたり、メリハリがなく平凡に過ごしていたりすると、誰かの人生と比べてしまい、自分の人生はなんて面白みがないんだと考えます。
どうにかして刺激のないつまらない毎日から抜け出したいとは思っているものの、なかなかきっかけが掴めずにいると、このままずっとつまらない、代わり映えのない人生が続いていくのかも…と怖くなってしまったり。

刺激がなく感じてしまう毎日から抜け出すために、今日からできることを探しましょう。

<下に続く>

そもそも「つまらない人生」とは?

孤独でつまらない人生を表す風景

そもそも、「つまらない人生」とはどんな特徴があるのでしょうか。
つまらない人生の特徴を5つご紹介します。

①:変わり映えのない毎日

生活していく中で、変化のない毎日を過ごすのは億劫です。
朝起きて、あまり好きでもない仕事を行い、帰宅し家に返って寝るだけのような変化のない毎日は、刺激もなく特段面白みがないようにに感じるもの。

毎日の生活にメリハリや変化があったり、刺激があれば良いのですが、同じような毎日を過ごしていると記憶や印象にも残りにくく不満を感じやすくなりますよ。

②:好きなことが出来ない

なにかに制限されていたり、時間がなかったり好きなものに向き合う時間が取れないと、平凡で代わり映えのない毎日に感じやすいです。
金銭的にもそうですが時間的に好きなものに取り組む時間がなかったり、体力が持たなかったりとなにかの制限があると好きなことが出来ず、やりたくないものばかりしているとつまらなくなりますよね。

楽しくなく不満を持っている時間は、その事柄に対して集中することが難しくなります。
目の前のものに集中できずにいる時間がながければ長いほど、余計なことを考える時間が増えてしまい悩んでしまいます。

③:心から楽しいと思えない

「とりあえず流行っているから」と流行に乗って周囲に合わせてみたり、「みんなが楽しんでいるから楽しい」と自分の心とは違う感情を抑え込んでいる瞬間が増えてくると不満を持ってしまいます。
また、楽しいと思えるものがあったり、不満を持つシチュエーションが多くあると、この先も味気のないものなのだろうとネガティブな思考になるのです。

④:自分の意志が反映されない

また、生活の中で思った通りの結果にならずにいると面白くないと思いやすくなります。
思ったとおりに事が進む事実は達成感や充実感を味わえます。

しかし意思が反映されず誰かの支持に従っている状態が長く続くと、誰かに操縦されているような気になってしまいつまらない生活です。
自分の思い通りに行って物事を支配することは満足感や達成感に繋がります。

それが出来ない人生には不満を覚えてしまいやすいのです。

⑤:気を許せる相手が居ない

気を許せる相手が居ないというのは、とてもつらいです。
気が休まる場所がないというわけですから、いつも気を張って誰も信用出来ずひとりで戦っていかなければなりません。

何度も挫折したり落ち込んだりする瞬間もありますが、誰かと共に過ごせることが許すことにもなりますしつまらない気持ち起こさず、生きがいにもなっていきます。
気を許せる相手が居ないというのは、常に気を張った状態であり緊張感に包まれているため気が休まらず、つまらなく感じます。

<下に続く>

人生がつまらないと感じる人の特徴

人生に対してつまらない表情

それでは、人生がつまらないと感じる人に共通する特徴を8つご紹介します。

  1. マイナス思考
  2. 目立ちたくない
  3. 初めてのことにチャレンジするのに時間がかかる
  4. 他人からの視線が気になる
  5. どちらかというと会話が苦手なタイプ
  6. 初対面の人がいると緊張してしまう
  7. だらしのない人
  8. 一人で過ごすのが苦手

特徴①:マイナス思考

人生がつまらないと思いやすいタイプは、日頃からマイナス思考の方が多いようです。
なにか物事を始める前から、諦めがちであったり疑ってかかってしまったりすると、明るい未来を想像するのが難しくなってます。

また、マイナス思考になってしまっていると、愉快な事柄すらもつまらないと無意識に決めつけています。
「私なんか」、「でも」「だって」とマイナス思考が癖になっていると楽しい気持ちに気づくことも難しくなるのです。

特徴②:目立ちたくない

つまらないと感じてしまいやすい特徴を持った人は、目立ちたくないと思っていたり、注目を浴びることに対して苦手に思っている方も多いです。
楽しく過ごすためには、ある程度周囲の目をを気にせずに過ごしていくというのも必要です。

なるべく周囲からはみ出ないように、目立たないようにと過ごしているのはそれだけ周囲に馴染みたいを自ら望んでしまっています。
周囲に馴染み、目立たず不用意に傷つくのを怖がってしまっている自分にも不満があるのかもしれませんね。

特徴③:初めてのことにチャレンジするのに時間がかかる

誰しも初めてのものにチャレンジするのは怖いですし、勇気が必要です。
つまらないと考えているタイプは、新しいなにかにチャレンジしたり、周囲の環境が変わるのが苦手

平凡で変化や刺激のない暮らしは、初めてなどになかなか踏み出せずにつまらない人生を作っているのです。
自分から動き出したことにはどんなものであって残り結果が残りそれを記憶します。

そうやって様々な結果が刻まれることで、印象に残りやすく充実感を感じることが出来るのです。

特徴④:他人からの視線が気になる

周囲からの視線が気になってしまったり、評価を気にしていたりするタイプは、他人の生活と比べているため、つまらなく平凡で劣って見えてしまいがちです。
自分の人生は、自分ひとりのものです。

他人の視線ばかり気にしてしまい誰かと比べ、「劣っているんじゃないか」とつまらなくしています。

特徴⑤:どちらかというと会話が苦手なタイプ

つまらないと考える方は、会話などのコミュニケーションが苦手な方が多いです。
人とコミュニケーションを取ったり、触れ合ったりする事は、刺激にもなりますし変化が訪れます。

またコミュニケーションが苦手だと人との触れ合いに億劫になってしまい、孤独を覚えます。
孤独を感じているとまたさらに暮らしがつまらないものだと考えてしまうのです。

特徴⑥:初対面の人がいると緊張してしまう

初対面の人に対して緊張してしまったり、仲良くなりたいと思っていてもなかなか声をかけれず、受身の姿勢でいるタイプの方は生活をつまらなく考えます。
初対面の人に対して緊張するタイプの方は、初めての環境に対しても緊張しやすいのです。

緊張して受け身になってしまったり、いつもの力を出せずにいて後悔したりするとつまらないと感じますよね。

特徴⑦:だらしのない人

何かとだらしのない生活を送っていると人生をつまらないと考えやすくなります。
毎日をだらだらと過ごしていくのもまた、一つの生き方ですが、ふと我に返ったときや冷静になったときに、「あのとき、ああしておけば」などと後悔を感じやすいのです。

だらしのない生活を行っていくと毎日に変化を感じる事が難しくなります。
小さな目標を作ったりメリハリをつけた生活を行い日頃から自分に達成感を与える事も大切です。

特徴⑧:一人で過ごすのが苦手

周囲の視線が気になってしまったり、なにをしたらいいのかわからず常に誰かと一緒に居たいと考えている場合も人生を楽しめないと考えているのです。
誰かと一緒にいて楽しみを見出していたり、誰かに合わせたりするのが癖になっているため、一人になったときに、孤独感を強く覚え、つまらないと感じてしまう場合もあります。

愉快な暮らしを送っていると、一人のときにも楽しみなどを見つけるのが上手くなります。

<下に続く>

人生がつまらないと感じる原因

孤独感が強く人生がつまらないと感じ膝を抱え込む

人生が平凡でつまらないと感じてしまう原因は何なのでしょうか?
それでは、原因を4つをご紹介しますね。

  1. 孤独感
  2. 後悔
  3. 環境の変化がない
  4. 承認欲求が満たされない

原因①:孤独感

人生をつまらなく感じてしまう原因の一つは孤独感です。
孤独感を感じてしまうとマイナス思考になりネガティブなものになり、魅力に感じるものにも興味が持てず、何をしていても面白くないと感じ、悪循環に陥ってしまいます。

また孤独を感じているときは他者と比べる瞬間が増え、孤独な気持ちだけでなく不安感なども大きくなります。
そうやって不安や孤独が大きくなると、これ以上傷つきまいと気持ちを守るために物事に対して素直になれず、楽しいはずの生活も斜に構えてしまい嫌な気分になるのです。

原因②:後悔

今まで行ってきた行動に対して素直に受け入れる事が出来ずに、後悔する事柄が多いと人生をつまらない、面白みのないだと感じます。
何かに対し後悔をして、そこから学び次に繋げていく事が出来れば良いのですが、後悔をした回数が多いとそれだけ、なにかにチャレンジするのが不安に感じ億劫です。

漠然とした不安感や過去の後悔を上手く消化できずに抱えたままでいると、本来持っている力を発揮できずに過ごしてしまう事も。
そうやって、後悔をしていたいたり不安に思う回数が増えれば増えるほど、未来に対しても不安を抱えてしまい退屈だと決めつけてしまうのです。

原因③:環境の変化がない

毎日同じ繰り返しをするようなルーチンワークは生活する上で役に立ちますが、やはり刺激がなく平凡ですよね。
環境の変化がない毎日は安心を与えてくれるものですが、安心できる状況に長くいると、ちょっとした刺激を求めたくなるものです。

今現在の生活が安心できる環境で満たされているからこそ、「もっとなにかできるのではないか」と欲が出てしまい、平凡な毎日に対して退屈だと感じやすくなります。

原因④:承認欲求が満たされない

多くの人は誰かに認められたいと考えています。
インスタ映えなどもそうですが、誰かに認められ称賛されたりしたいと考えており、存在価値を認められ生きる糧にしています。

承認欲求を満たされたいというのは認めて欲しいという現れ。
自信が持てないと、すべての選択に自信がなく不安がつきまといます

そのため、自分の人生すらも素晴らしいものと思えず、退屈だと考えてしまいます。

<下に続く>

つまらない人生は自分次第で変えられる!

人生をつまらないものから良いものへと変える二人

退屈で刺激のない人生と思うとなんだか悲しくなり、こんなはずじゃなかった、もっと楽しい経験をしてみたいと考えます。
人生とは、自分のものですから、考え次第でどうとでも変えられるのです。

「つまらない人生だ」と悲観し続けると、負の感情しか起こさず何の変化もありません。
「つまらない人生だ、でもどうにか変えたい」と諦めずに考え方を変化させれば、退屈な人生から抜け出せます。

<下に続く>

つまらない人生を楽しくする方法

つまらない人生から楽しさを見つけられた人

では、つまらない人生を楽しくするにはどのような方法があるのでしょうか?
それでは、楽しくする方法12例をご紹介いたします。

  1. 新しいことを始める
  2. 趣味を極める
  3. 多くの人と関わる
  4. とりあえずやってみる
  5. 楽しいと思いこむ
  6. 友人を作る
  7. 予防線を張りすぎない
  8. 諦めない
  9. なにかに愛情を注ぐ
  10. 運動をする
  11. 陽の光を浴びる
  12. 楽しそうな人とともに過ごす

方法①:新しいことを始める

刺激が足りなかったり平凡な毎日に飽きたのであれば、、現状の面白くないものはやめて新しいものに手を出してみましょう。
少し興味が湧いたものでも、新しく始める事で刺激にもなりますし、見ているだけではわからなかった事実が知れてきます。

新しいものを始めるときにわくわくした気持ちを感じる瞬間が出来たのならば、そのわくわくした気持ち忘れずに信じて進みましょう。

方法②:趣味を極める

生活が平凡だと感じるシチュエーションが多いのであれば、自分が集中できたり、楽しいと感じる趣味をとことん極めていきましょう。
趣味と向き合っている時間は自然と集中していますし、ストレス解消にもなります。

人生が退屈だったり面白みや刺激が足りないと感じる場合の多くは、時間を持て余しており、どこか余裕に考える時間を持っているからです。
趣味を極めていき、充実感や達成感など自分のプラスになる気持ちをどんどん吸収していきましょう。

また、趣味を通して新しい友人が出来る場合だってあるでしょう。
趣味を通じた友人は、自分と似た考えを持っている場合も多く、信頼できる仲間になっていきます。

方法③:多くの人と関わる

人と関わって嫌な思いをした経験のある方も多いかもしれません。
しかし、誰かと関わりを断ってしまうのは良くありません。

思い込みやイメージといった感情で諦めるのではなく、多くの方と積極的に関わりましょう。
すべての人が合わないタイプではなく必ずどこかに良い人が見つかります

方法④:とりあえずやってみる

退屈に過ごしていたりネガティブ思考に近づいていると、何事も億劫になり、新しい一歩を踏み出すにも勇気が必要です。
普段なら軽々とやってのけるような事であっても、少しばかりの不安を感じますが、不安な気持ちばかりを優先するのではなく、興味が湧いたものはとりあえず少しだけでもやってみるという考えが必要です。

もし失敗をしてしまっても、失敗したときに修正を行えば大丈夫です。
興味が湧いたのであればは、始める前に諦めたりせずにとりあえずやってみるで人生に変化がありますよ。

方法⑤:楽しいと思いこむ

刺激が足りないと思っている生活や代わり映えのない毎日に対して、「楽しくない、つまらない」と思い続けていたとしても変わることはありません。
楽しく思えないものに対して楽しいところ見つけたり、作り出したりして楽しいと思いこみましょう

思い込みの力によって本当に面白くなりますし、考え方が柔軟になり人生も少し楽しくなってきます。
最初から諦めてしまうのではなく、楽しいと思い込み信じてみるのが大切。

方法⑥:友人を作る

多くの方と友達になるのを目標にしてみるのも一つの手。
友達を作るというのは難しそうに見えて思いの外簡単なものです。

多くの方と触れ合ったり、新しい友人を作るといろんな考え方をしれますし、その分知識も多く増えます
また新しい友人ができると、今までとは違う経験を積むチャンスが増えます。

友人ともに過ごすと、つまらない気分や人生の悩みなど不満な気持ちを共有すると気持ちを楽に保てます。

方法⑦:予防線を張りすぎない

つまらない人生だと今現在感じている場合は、物事に対して素直に受け入れるのが苦手。
「私には出来ない」「難しそうだ」と予防線を張っている場合も多いです。

しかし、そうやって予防線を張って守るのは大事ですが予防線を張りすぎて何もできなくなるのは良くありません。
たまには、柔軟に何事にもチャレンジしてみる勇気が必要です。

なにかにチャレンジしてみると新しい道がきっと開けてくるはず。

方法⑧:諦めない

つまらない人生だと感じていると、無意識のうちに諦めたくなってしまいます。
諦めるのは、本当に限界を感じた時にしましょう。

早めに諦めて手を引いてしまうのは後悔が残りますし、選択に納得できません。
まずは諦めずに一つのものをやりきるという気持ちが大事です。

今までだったら諦めている事に対しても、もう少し長く頑張ってみるとなにか変化が起こります。

方法⑨:なにかに愛情を注ぐ

人やペット植物など、なにかに対して愛情を注ぐのも時には必要です。
誰かに愛情を注ぎ大事にしていくというのは生きる目標にもなりますし、大好きな相手のために頑張る事は自分を見つめ直すきっかけにもなります。

愛する人にのために生きる人生も、また素晴らしいものになります
自分以外の誰かを大切にする事は、その相手を悲しませないために結果的に行動に責任を持つ事に繋がりますよね。

ペットでも恋人でも、モノでもなにかに愛情を注ぐと事でつまらない人生に彩りを与え豊かになっていきます。

方法⑩:運動をする

つまらない人生だと感じている人は運動不足な方も多いです。
体を動かす事で毎日の生活にメリハリがつきますし、なによりも身体が健康的になっていきます。

運動で体を動かすことは心にも健康をもたらしてくれ、つまらないと感じる憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれます。
体を動かしている瞬間や、運動を楽しんでいる瞬間は、人生について考える隙を与えないため充実した時間が過ごせます。

また実際に適度な運動を行う事で幸せや達成感を感じるホルモンが分泌されるため、つまらないという気分を減らす効果もあるため、楽しい人生に近づきます。

方法⑪:陽の光を浴びる

人生がつまらないと落ち込んでいると部屋に閉じこもってしまいたくなりますが、つまらないまま部屋に閉じこもっていても現状を維持するだけで何も変わりません
刺激がなくて退屈であったのならば、待っているだけではなく、気分を変えるためにも外に出ていきましょう。

ただ近所を散歩するだけでも、外に出てボーッとするだけでも普段とは違う経験をしているという事実が大切です。
家にとじこもるのではなく、外出しいろんな景色を見る事で、いっぱいいっぱいになった気持ちが少し軽くなり変化が起こり始めます。

方法⑫:楽しそうな人とともに過ごす

人生そのものが退屈でつまらないと、楽しく過ごしている誰かのマネをしてみたり共に過ごしてみるのもおすすめ。
毎日楽しく過ごしている人がどうやって、楽しみを見つけているのか、普段何を考えているのかを知って取り入れてみるのがオススメ。

また、楽しく過ごしているとその方の持つ雰囲気は、周りに良い影響を与えてくれます。

<下に続く>

【年代別】つまらない人生を楽しくする方法

つまらない気持ちは捨てて人生を楽しんでいる女性

20代

20代はまだ若く、人生をつまらないと悲観してしまうのはもったいない世代です。
20代のうちは、体力もあるためどんどん外に出て多くの経験を積んでいくのもオススメ。

多くの人と触れ合いいろんな考え方を知る事で自分の知識を増やしていきましょう。
どんなに退屈で面白みのない経験でも、年齢を重ねたときにきっと自分の糧になるはず。

普段の自分だったら挑戦しないようなシチュエーションでも、心の殻を破り挑戦する気持ちも毎日の生活が充実したものになるきっかけになるでしょう。

30代

つまらない刺激が足りない、平凡な人生だと感じている原因がわかっているのならば、それを取り除くために動き始めてもいい時期と言えます。
退屈に思っているものから逃げ出せたりするのであれば、時間の許す限り環境を変えてみると良いでしょう。

また30代は20代の頃に比べると若さや体力には衰えを感じますが、人生そのもので言えばまだまだ頑張れる年代です。
30代で培った知識や経験の量は若い頃に比べて圧倒的な差があります。

知識や経験を生きがいにして、新しい生活を始めるのにも適している年ですよ。
「歳だから」という言い訳は自分にも対しても行わないようにしたいですね。

40代~

40代でもつまらないと感じてしまう暮らしから抜け出す事はできるはずです。
若い頃に、憧れていてもなかなかチャレンジしてこなかった趣味や活動に挑戦してみましょう

また、ご家族がいる場合はご家族と触れ合う時間を長くしたり、とことん話し合ってみたりする時間も大事です。
年齢を重ねると、ある程度物事に対する予測ができるようになり、「出来ない」と諦めてしまう瞬間も増えている場合もありますが、様々なことにチャレンジするのが何よりも大切。

一人で足を踏み出すのが難しいのならば誰かとともに初めてみましょう、チャレンジ精神をいつまでも大切にしてくださいね。

<下に続く>

つまらない人生を変える名言

つまらない人生を乗り越えた女性

それではつまらない人生を変える名言を4つご紹介します。

名言①:自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。

ドイツの詩人、ゲーテの言葉です。
誰かと比べたり、誰かに判断を任せるのではなく、しっかりと信じていくのが何よりも大切だと言うことを教えてくれています。

難しい事は考えず、信じる気持ちが何よりも大事なんですね。
気分が落ちているときなど、つまらない人生だと感じているときは見失いがちですが、今一度足を止めて自分と向き合ってみましょう。

名言②:反省はしろ!後悔はするな!

元テニスプレーヤーの松岡修造の言葉です。
心にスッと響く応援メッセージや名言を多く持っています。

反省はしろ!後悔はするな!」とシンプルな言葉ですが、自分らしくいるための基本を教えられます。
つまらないと後悔ばかりしているのではなく、それからどうするかと反省し考える気持ちが大切だと学べますね。

名言③:あなたの人生を代わりに生きてくれる人はいない。

グラミー賞を8度も受賞されている、アメリカのシンガーソングライタードリー・パートンの名言です。生活を楽しいものにするか、退屈だと思うかは自分次第である事を思い出させてくれる言葉でもあります。

自分の生きる道だからこそ、誰かと比べて僻んだり哀れんだりするのではなく、自分らしく生きることがなによりも大事だという事を忘れずに歩んでいきたいですね。
また、ドリー・パートンのは他にも名言が多く、「いま歩いている道が気に入らなければ、新しい道を開けばいい」なども有名です。

名言④:失敗を恐れて動かないよりチャレンジして失敗したほうがずっといい

現役のサッカー選手、本田圭佑の言葉。
本田圭佑さんが発する言葉には力強さもあり、その言葉で勇気づけられる人が多く居ます。

当たり前のような文章ですが、なかなか実際に言葉にできる人は意外と多くありません。
また、本田圭佑選手は、理想や目標声に出し自分を奮い立たせ、自分の可能性を信じることで数多くの偉業を成し遂げている人でもあります。

人生も同じで、面白くないと諦めてしまうのではなく、退屈でつまらないからこそ、アクティブに変化を求めていきたいですね。

<下に続く>

つまらない人生は変えていきましょう

つまらない人生を乗り越えていく姿

つまらない、平凡だと思っている生活でも、他の人にとっては成功して見えていたり、憧れられている生活なのかも知れません。
毎日の暮らしを楽しいものにするか、つまらないものにするかは考え方次第です。

誰かと比べてしまい、楽しくなかったりつまらないと感じて悲観するのではなく、そこから自分がどういう時間を過ごしていきたいかが重要。
まずは自分の直感や、やりたいことを見つめ直し信じてみることで、人生に小さな変化が起こります。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line