Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/10/19

気が利かない人の特徴とは?気が利くモテ女になる方法を紹介

「今じゃなくて後にして欲しいのに」「なんでこのタイミングで…」と思う相手はいませんか?
一度や二度ならまだ理解ができますが、毎回だとつい感情的になってしまいますよね。

このように気が利かない人はどんな場面でも気が利かないのです。
今回は、気が利かない人の特徴や心理、対処法やそうでない人との違いをご紹介していきます。

Large 13

気が利かない人の特徴・心理

気が利かない人

気が利く女性と利かない女性の特徴をみていきましょう。

  1. 努力をしない
  2. タイミングがおかしい
  3. 自分中心である
  4. 感謝の気持ちがない
  5. 言われないと気づかない
  6. 親切心が迷惑になる
  7. 相手の心理を考えない
  8. 適当
  9. 周りを見て把握することができない
  10. 想像力や感じる力が劣っている

続いて、それぞれの特徴・心理を詳しくみていきます。

特徴・心理①:努力をしない

気が利かない人は自分から率先して行動をするのではなく周りの人間をこき使うという傾向があります。
他人に「ああしろ」「こうしろ」と上から目線な発言をするだけで、自分で他人のためにと気が利くようなことをやろうという気持ちは全くと言っていいほどありません。

また、「恩返し」という言葉はこの人には存在しません。
気が利かない人の中には「努力」という言葉が存在しないので、人間としてのスキルアップをすることができていません。

特徴・心理②:タイミングがおかしい

状況や場の雰囲気を見ないわが道を進んでいくのが気が利かない人です。
先読みをする力がないため、今これをやってしまったらこうなるという考えができません。

そのため、「これやっておいたよ!」と恥かしげもなく堂々と自分のしたことを口にします。
相手のためにと思って行動しても、「え?今やったの?」「今やることじゃないでしょ」と思われてしまったり空回りをしていることが多いです。

特徴・心理③:自分中心である

いつも自分のことしか考えることができず、いかに自分が得をするか、いかに自分がラクをするかしか考えていません。
気が利かない人は、自分が相手にしたことに対して見返りを求める傾向があるため、自ら進んで行動することはありません。

また、自分が相手のためにしたことで相手は助かるとも限らないなどという考え方をしている可能性もあるでしょう。
そのため気が利かない人は例えば誰かが困っていても、「自分の得にならないから」「自分ではきっとどうすることもできない」と平気で見て見ぬ振りをする少し残念なタイプです。

また、自分が思ったことや感じたことはすぐ口に出してしまうため、気づかぬうちに相手を傷つけていることが多いです。
自分では何の気なしに発言したことでも、本人方してみれば傷つくことだったりみんなの前では言われたくないようなことだった、というケースも非常に多いのではないでしょうか。

気が利かない人は、自分の発言したことに対して周りがいい反応をしてくれることに大きな喜びを感じていることもあります。
自分の発言で周りの人が盛り上がるのであれば、他人を利用して楽しませようと考えていることもあるので、そのターゲットになってしまった人は気が利かない人に怒りや悲しみの感情を多く感じているでしょう。

特徴・心理④:感謝の気持ちがない

誰かから自分のためにしてもらった場合、多くの人は相手に感謝をすることが多いと思われますが、気が利かない人には残念ながら「ありがとう」という気持ちがありません。
③でご紹介したように、自分中心なため助けてもらって当然だと思っています。

何かをしてもらって「助かった」「嬉しかった」などという喜びや嬉しささえも感じることがないので、周りの人からは「冷酷な人だ」と思われていることもあるでしょう。
相手がさりげなくしてくれたことに気づくことができないと、次第に周りから人が離れてくいくこと間違いなしでしょう。

特徴・心理⑤:言われないと気づかない

自分から進んで物事に取り掛かるより、いつも誰かから言われて行動するタイプです。
応用が効かず言われたことだけしか出来ない傾向が気が利かない人にはあります。

少し考えればわかるようなことでも、考えること自体をしないため気づくことができません。
「ちょっとくらい考えなよ」「少し考えればわかるでしょ」と言われたとしても、なぜそんなことを言われるのか理解ができません。

特徴・心理⑥:親切心が迷惑になる

自分は気が利くと勘違いをしてしまっているので「自分がこれをしたらきっと感謝をされる」「自分がこうすることで相手が助かると感じる」と、相手が望んでいないことを堂々としてしまう傾向があります。
また自分がしたことで相手が助かったとしても、第三者には迷惑になっている可能性もあります。

例えばレジ待ちをしているときにたまたま友人が来た場合、親切心からその友人を自分の前に入れたとします。
そうすることで自分は友人にとって気が利く人だろうと考えますが、自分の後ろに並びしっかりと順番待ちをしていた人からは、自分どころか友人にも悪い印象が付いてしまいます。

自分は良いことをしたと思っていても、周りからはそう思われていないことが非常に多いです。

特徴・心理⑦:相手の心理を考えない

例えば、自分で仕事を抱え込みすぎて休む間も無く働いていたときに誰かが手助けをしてくれた場合、「ありがとう」という感謝の気持ちが持つことができ「次は自分が相手のために何かしたい」と考える人の方が多いでしょう。
大抵の場合、自分が相手にしてもらって助かったり嬉しく感じたことは覚えていますし、した側ももちろん覚えています。

しかし自分の為に何かをしてくれたことに気づかず、感謝をすることはなかったという場面は、相手に非常に強く根付きます。
この気持ちはそう簡単には消え去らないため、自分が辛い思いをしてしまう可能性が高まります。

特徴・心理⑧:適当

気が利かない人は相手からどのように思われているかなど考えることはないので、自分自身の行動が非常に適当になってしまいます。
「このくらいでいいだろう」と軽く考えてしまっています。

そのため、気が利かない人がやることなすことは中途半端なことが多いです。
話すこともいい加減で、自分がやるわけでもないのに大きいことを言ってみたり、「あの時言っていたこと覚えてる?」と相手から聞かれても覚えていないこともあります。

このような適当さが周りに評価され、次第に信頼を失っていきます。

特徴・心理⑨:周りを見て把握することができない

気が利かない人は周りを把握できていなければ、その場に応じた自分が取るべき行動を考えることができません。
今自分が何をするべきかを考えることができないのは、周りを気にかけて観察力と理解力が劣っているからです。

何をしたらいいのかがわからないのは自分が良ければいいと考えている証拠でもあります。
気が利かない人は状況を素早く察知してどう行動するべきかを把握することができません。

特徴・心理⑩:想像力や感じる力がない

周りが忙しくしていたり、誰かが困っているということは見て察知することができても、それから先の相手の感情を読み取ることを苦手としています。
「忙しいから手伝って欲しい」「困っているから助けて欲しい」と感じ取ることができないため、「相手の気持ちを理解することができない」と思われてしまうこともあります。

本人は、相手が「忙しそうだな」とは思うものの「助けてあげよう」「何か手伝えることがないか声をかけてみよう」という、「助け舟を出してなんとかしよう」ということまで想像することができません。

気が利かない人は想像力や相手のその時の感情を感じて察知し、行動に移すことができません。

<下に続く>

気が利かない人は周囲にどう思われる?

気が利かない人がいる場面

友達

気が利かない人と一緒にいること自体を恥ずかしく思います。
また精神的にもストレスになり、気が利かない人ではない友達といた方が楽しく気楽に過ごすことができると考えます。

友達だからとそれなりに気を使って言ってみても、気が利かない人にはそれすら気がつかないため、いっそのこと疎遠になった方が楽だと感じます。

職場

上司や先輩が気が利かない人の場合、後輩としてはそこはかなり指摘しづらいところです。
しかし本人は自分が気が利かないということに気づくことはないので、上司や先輩の言うことは聞いたり指示には従いますが、信頼する気持ちはあまり芽生えません。

一方、同期や後輩が気の利かない人だった場合は割り切るしかないと考えます。
あくまで仕事上の付き合いですし、自分が積極的に発言し行動することを評価してくれるのは上司です。

気の利かない人に指摘をしても本人が気づく可能性は低いため、割り切った関係を続けます。

恋人

結婚も視野に入れている場合は、相手の気の利かないことに幻滅をしてしまう可能性があります。
付き合いたての場合は、相手のできないことや気づかないこと自分がフォローし、それさえも愛おしいと感じます。

しかし、その気が利かないことが長いこと続くと次第に将来のことが不安になり、結婚を考えることができなくなってしまいます。
気が利かない程度や、自分がどこまで許せるかで相手に対する気持ちは変わりますが、好きだからこそ変わって欲しいと強く願う恋人もいるでしょう。

恋人の親

恋人の親が気が利かない人でも、やはり言うに言うことができませんよね。
そうなると恋人に相談し、恋人から親に言ってもらうしかありません。

付き合っている頃はまだ良いですが、気が利かない人親を持つ人と結婚し同居をするとなると自分が精神的に参ってしまうためどうしても恋人の親を避けがちになります。
また親が気が利かないなら子もそうなのかな、と思われて警戒をしてしまうこともあるでしょう。

<下に続く>

気が利かない女性はモテない?

気が利かない人の恋愛

男性に気が利かない女性と聞く女性のどちらがタイプか?と尋ねると、多くの人は「気の利く人」と答えるでしょう。
例えば飲み会で初めの一杯を何にするか聞くことができる人や、相手を優先し自分のために何かをしてくれたら感謝をしたり恩返しができる女性はそれだけで印象がいいです。

そのため、その女性と付き合った時のことを想像すると未来が楽しく見えますが、気が利かない女性との未来は自分にばかり負担がかかると考えます。
感謝の気持ちもなく、何かをしてもらっても全く気づかない女性とは楽しい未来を想像することができません。

また気が利く女性が彼女だった場合、自慢することもできたり、逆に周りの人から羨ましがられる可能性が大きいです。

<下に続く>

気が利く女性と利かない女性の違い

気が効く女性と効かない女性

では、気が利く女性と利かない女性の違いをみていきましょう。
気が利く女性と利かない女性の違いには、以下のものがあります。

  1. その場の状況を察知することができる
  2. 相手のことを考えることができる
  3. 空気を読むことができる
  4. さりげなく手を差し伸べることができる
  5. 気遣いができている
  6. 言葉遣いが丁寧

続いて、気が利く女性と利かない女性の違いを、それぞれ詳しくみていきます。

違い①:その場の状況を察知することができる

その場に応じた行動ができているかいないかで違いが出てきます。
周囲の状況を常に観察すると同時に、今自分は何をするべきかを考えることができるため、誰かから言われる前に行動することができます。

違い②:相手のことを考えることができる

気が利かない女性は相手のためにと思ってした行動が、実は相手からすると煩わしく思っていたり不快に感じていることがあります。
また、自分がされたら嬉しいことは相手も必ず嬉しいはずだと決めつけ、自分の考えを押し付けてしまい鬱陶しいと思われている可能性も否定はできません。

一方、気が利く女性は相手への配慮はもちろん、相手の状況に応じた対応をすることができます。
例えば、相手が落ち込んでいるときにむやみやたらに理由を聞き出したり話しかけたりせず、そっとしておくことができます。

相手が忙しくしているときはそっとコーヒーを淹れたり差し入れをすることができます。
このように相手の状況に合わせた行動ができるため、その人自身の評価も上がります。

違い③:空気を読むことができる

相手に対して気配りができる女性は、一緒にいるだけで和みます。
相手のことを考えた行動や発言ができるため、楽しい時間を過ごすこともできるので、この類の女性の周りにはいつも人が集まっていることが多いです。

仲が良くになるにつれこの気配りが次第になくなるということもなく、普段から気が利く行動を自然にすることができています。
一方、そうでない人は自分の思っていることを後先考えずに話してしまうので、ときには相手を傷つけていることもあります。

そのため、なるべくならば関わりたくないという人もいるのではないでしょうか。

違い④:さりげなく手を差し伸べることができる

相手が忙しくしているときに、自分の分の仕事が終わったからと自由にのんびりしている人は気が利かない人です。
一方で、何も言わなくてもさりげなく手助けをしてくれる女性は気が利くと言えます。

気が利く女性は、自分が相手のために何かを手伝ったり助けたりした場合でも、「自分がやった」ということはアピールすることはありません。
「自分があなたのためにやったのよ」と前面に出してしまうと、相手が気を使ってしまうというところまで考えることができるのです。

違い⑤:気遣いができている

例えば、資料を渡すときに渡す向きに気を配ったり、ディスクに置く位置を考えるなど、相手が取りやすく見やすく邪魔にならないようにすることができます。
気が利かない女性は、このような相手に対する気配りをすることができません。

自分中心に考えるため、相手にものを渡すときや見せる時も何も考えずに行動します。

違い⑥:言葉遣いが丁寧

相手に対して重要なことを伝えなければならない場合、気が利く人はその人が恥ずかしい思いをしないように呼び出して伝えたり、遠回しながらも的確に伝えることができます。
話す内容もわかりやすく、話し方にも気遣いができていますが、そうでない人は所構わず相手にストレートに物事を話します。

気が利かない人は周りの目を気にすることなく思ったことや感じたことを直球で話すため、自分が気づかないうちに相手を傷つける酷い言葉を使っている可能性も否定できません。

<下に続く>

気が利かない女性から抜け出す方法

気が効く女性になろうと頑張る人

では、気が利かない女性から抜け出す方法をみていきましょう。
気が利かない女性から抜け出す方法には、以下のものがあります。

  1. 雰囲気を読み状況を把握する
  2. 一緒に考える
  3. 「もしも」のことを考える
  4. 先を考えて行動する
  5. 壁を作らない
  6. 相手の気持ちを考える
  7. 行動力をあげる
  8. 相手の話を聞く
  9. 男性を立てる

続いて、気が利かない女性から抜け出す方法を、それぞれ詳しくみていきます。

抜け出す方法①:雰囲気を読み状況を把握する

自分の周りで一体どんなことが行われ、自分は何をしなければならないのかを考えましょう。
例えば飲み会の席では相手のグラスに入っているお酒の量をチェックし、空になる前に次の飲み物を訪ねたり、空いたお皿はテーブルの邪魔にならない場所に置くなどです。

また疲れている人にはそっと差し入れをしたり、自分が使ったものではなくても散らかっていたら整える、といったさりげない行動が大切です。
誰からも評価されないことだと思わずに、積極的に行動をしていれば必ず誰かが見てくれていますよ。

抜け出す方法②:一緒に考える

相手が悩んでいる時や困っているときに、自分には関係ないからと見て見ぬ振りをするのではなく、一緒に解決策を考えましょう。

そのためには、自分でも積極的にいろんなことにチャレンジをする必要があります。
気が利かない人とは違い、気が利く人は自分の経験を生かしたアドバイスは説得力があるため、次第に周りから信頼されるようになります。

今は何もしていない状態でも、これからコツコツといろんなことに挑戦をし経験をしていくことで自分自身のスキルアップにもなりますよ。

抜け出す方法③:「もしも」のことを考える

今目の前にある課題に対して、1つのことしか考えることができないのが気が利かない人です。
「一つだけ答えがあれば大丈夫でしょ」と決めつけてしまい、あとは周りに任せっきりになることも多いです。

しかし気が利く人は、一つの課題に対して一つの答えだけではなく、二つ三つの答えを準備します。
「もしもこの答えに周りが納得をしなかったら」ということまで考えているため、一つのことに対していくつかの答えを準備することができていると、周りから信頼され評価されることにもつながります。

抜け出す方法④:先を考えて行動する

気が利かない人がよく思ってしまうような今が良ければそれでよしという考え方はやめ、先のことも考えた行動をしましょう。
気が利く人は、例えば友人宅に招かれた際に手土産を持っていくとした場合、友人の家族やその日くる他の友人の数より少し多めに持っていくことがほとんどです。

また仮に一人暮らしをしている友人が熱を出して寝込んでし待った場合、差し入れをするならばその日の食べるものだけではなく、保存のきく消化の良いものを選びます。
その他にもスポーツドリンクや冷えピタなど、必要であろうものを想像することができるので、受け取った人に「気が効くな」「頼り甲斐があるな」と思ってもらうことが期待できます。

抜け出す方法⑤:壁を作らない

気が利かない人は、自分のその日の気分やテンションだけで相手への接し方を変えることがあります。
そのため、近寄りがたいと感じることもあるのではないでしょうか。

しかし気が利く人は誰に対してもフレンドリーで、初対面の人ともすぐに打ち解けることができます。
会話もスムーズにできるのは、常に情報収集をして誰とでも話せるネタを蓄えているおかげです。

抜け出す方法⑥:相手の気持ちを考える

気が利かない人は相手の立場に立って物事を考えることができるため、どんな場面でも冷静で相手も納得することができる話し合いができます。
客観的に見た自分や相手の発言や、相手の立場から見た自分の発言を考えることができるため、周りからは寛容だと思われることもあります。

気が利かない人とは違い心が広く、いろんな角度から見ることができる人は周りに自然と人が集まり、頼られる存在になることが多いのではないでしょうか。

抜け出す方法⑦:行動力をあげる

気が利く人は思い立ったらすぐに行動をすることができます。
面倒くさがらずに率先して行動することができ、また誰かから評価されるかされないかなどは全く気にしていないため、思ったことは進んで行動します。

例えば道端に空のペットボトルが落ちていた場合、誰かが気づかずに踏んで転んだら大変だと考えて自らゴミ箱に進んで捨てることができます。

抜け出す方法⑧:相手の話を聞く

相手の話に耳を傾け、しっかり聞いてあげましょう。
気が利かない人は自分中心に考えているため、話を聞く姿勢ができていません。

誰でも話したいし認めてもらいたいと思っているため、一方的なおしゃべりは相手をうんざりさせてしまいます。
聞き上手な女性は男性からモテる傾向もあるため、気が利く人を目指しながらモテるなんて一石二鳥なのではないでしょうか。

抜け出す方法⑨:男性を立てる

男性ならば、みんなの前では男らしくいたいと思うのではないでしょうか。
気が利かない人とは違ってその心理を知っている気が利く女性は、男性を立てることが非常に上手です。

例えば気が利かない人は人前では彼氏に対して注意をしない、見下さない、相手の価値観も理解するなど、彼氏が恥ずかしい思いをしないような発言や行動をすることができます。
男性は特に女性の前では男らしくいたいと思うものです。

その思いもしっかり汲み取り行動しましょう。

<下に続く>

気が利かない人にイライラした時の対処法

自分が気が利かないことに気づかない女性

では、気が利かない人にイライラした時の対処法をみていきましょう。
気が利かない人にイライラした時の対処法には、以下の対処法があります。

  1. 期待はしない
  2. 割り切る
  3. 気にしない

続いて、気が利かない人にイライラした時の対処法を、それぞれ詳しくみていきます。

対処法①:期待はしない

気が利かない人に自分がどんなに期待をしても叶うことはありません。
自分が相手に期待をする分、それが叶わなかったときに裏切られたという気持ちが強くなりストレスとなるため過度な期待をすることはしないようにしましょう。

対処法②:割り切る

気が利かない人に強く何かを望んだとしても報われないことの方が多いです。
同じ職場に勤めていたとしても、たまたま友達の友達だったとしても気が利かない人と顔見知りや知り合いまたは友達でも、元は他人です。

世の中にはいろんな人がいるので、このような人に出会ったのも何かの運命だと軽く考え、割り切るようにしましょう。

対処法③:気にしない

気の利かない人は自分が自分で変わろうとしない限り他人にはどうすることもできません。
それならむしろ、気にしないようにしてみてはいかがでしょうか。

気が効かない人に期待をする分無駄といっても過言ではないため、その人が何もしなかろうが気にせず、あなたはあなたのペースで動きましょう。
いちいち相手を気にしてしまうと精神が持たないため、もし仮に自分のために気が効かない人が何かをしてくれたらその場合は感謝をし、それ以外の時には気に留めず過ごしましょう。

<下に続く>

気が利かない人のまとめ

気が利かない人から抜け出そう

気が利かない人は自分が気が利かないだなんて思ってもいないでしょう。
自分のために何かをしてくれたという場合も、相手が自分に気を使ってくれたということに気がつかないため、周りからの評価は下がってしまう一方です。

気が利かない人と一緒にいることは精神的に疲れてしまったり、自分がその人の分までフォローをしなければならないとなると肉体的にも疲れてしまいます。
あなた自身が追い詰められないよう、気が利かない人とは適度な付き合いをすることをおすすめします。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line