Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

専業主婦=勝ち組?専業主婦のメリット・デメリットを解説

専業主婦は勝ち組のイメージが強いですが、パートナーの収入によって生活レベルが変わってくるのが現実です。
男女雇用機会均等法が設立されて以来、意欲的に仕事に取り組むキャリアウーマンに憧れを抱き、家庭より仕事を選ぶ女性も存在しますが、生き方は人それぞれ違うもの。

今回は「専業主婦は本当に幸せなのか?」についてお伝えしたいと思います。

Large becca tapert 1561349 unsplash

女性にとっての勝ち組とは?

勝ち組の専業主婦になった花嫁

勝ち組、負け組と言葉を耳にしますが、何を基準にしているのでしょうか?
物理的に恵まれているだけでは勝ち組という事にはならず、心の支えになるものを得ている人は勝ち組といえますね。

誠実で優しいパートナーに恵まれ結婚した人は、精神的にも豊かで夫や家族が支えとなり幸せな生活を送っています。
また、仕事に生きがいを見出す女性なら、仕事に専念してキャリアを積み着実に地位を積み上げ実績や自信を獲得して、仕事を生きがいに生きることが勝ち組ということになりますね。

<下に続く>

「専業主婦」と「キャリアウーマン」どちらが勝ち組?

勝ち組の専業主婦になりたい女性二人

専業主婦派の意見

家事や育児に追われ大変なイメージを持たれ、負け組と言われることがありますが、考え方によっては勝ち組ということができます。
ある程度自由気ままな生活ができ、子どもや夫を学校や会社に送り出した後は自分の時間が持てるのが魅力で、スポーツジムに通ったり、ランチタイムに友達とカフェでおしゃべりを楽しむなど、優雅でのびのびと生活ができるのも専業主婦の特権といえます。

1週間の買い物を週末に済ませてしまえば、毎日買い物に行く必要はないですし、趣味やお稽古事なども楽しめますね。
仕事のストレスもなく、家族と過ごせる喜びや夫を陰で支える喜び、収入の範囲内でやり繰りすれば文句を言われることがありません。

キャリアウーマン派の意見

専業主婦よりキャリアウーマンが勝ち組と言われるのは、男並みにバリバリ仕事をこなし、地位を獲得するところにあります。
同じ女性からみればテキパキと仕事をこなす姿は格好いいですし、憧れの的ですよね。

専業主婦は家事や育児に追われて大変そうで、頑張ったところで誰も評価してくれませんし、こき使われているように見えてしまいます。
キャリアウーマンは、家族のためにご飯を作ったり、誰かの世話をする必要がなく自分だけの時間を満喫できるのが勝ち組の理由。

気兼ねなく自由にお金を使うことができ、充実したプライベートを過ごせるのも勝ち組のひとつと言えるでしょう。

<下に続く>

専業主婦の割合

日本の専業主婦の割合は、約1割~2割程度で、約8割以上の女性は働いているといわれます。
ひと昔は、結婚すると専業主婦になる女性が多かったですが、男女雇用機会均等法や世代が変わったことから、結婚後も仕事を続け専業主婦を目指す人は少なくなったように感じますね。

昔は専業主婦の方が多く、結婚したら専業主婦が一般的でしたが、時代の変化と共に夫の給料だけでは食べて行けず、働かざるを得ないことから割合が減ったと考えられるでしょう。
その他、生活環境や個人の価値観によって、キャリアを選択する女性が増加傾向にあります。

<下に続く>

専業主婦になりたい理由

勝ち組の専業主婦になりたい女性の靴

専業主婦になりたいのは、何故なのか理由を見ていきましょう。

  1. 家族を守れる 
  2. 仕事をしなくてよい
  3. 子供が欲しい
  4. イメージ的に楽そう
  5. 好きなことができる

続いて、専業主婦を目指したい理由をそれぞれ詳しく説明していきます。

理由①:家族を守れる 

母親の影響から、専業主婦になりたいと思う人もいるのではないでしょうか?
自分の母親が専業主婦だった場合、親を見て育ってきたので結婚したら専業主婦になることを第一に考えます。

専業主婦になって子どもの面倒を見たり、ご飯の支度をして夫の帰宅を待つという母親の日常生活を目の当たりにしてきた女性なら、潜在的に結婚後は家に納まると考えてしまうものです。

理由②:仕事をしなくてよい

仕事が多忙で仕事とプライベートが両立できない女性の場合、専業主婦に夢を見ることがあり、朝早く起きて出勤する必要がなく、慌ただしい朝を迎えることはありません。
更に、仕事をしている時は、職場の人間関係や業績が上がらないなど、仕事上での悩みやストレスが多いですが専業主婦は仕事をしなくてすむので、ストレスが減り精神的な苦痛が軽減されます。

仕事にやりがいを感じられない人は、専業主婦の道に逃げるケースがあるのでは?

理由③:子供が欲しい

子どもができない理由のひとつに、精神的・肉体的なストレスや疲労などが取り挙げられます。
専業主婦になれば仕事のストレスがほとんどなく、疲労も少ないので「子どもができやすいのではないか?」と考えやすいですよね。

結婚して早く子どもがほしいと願う女性では、専業主婦に憧れを抱く傾向が見られ、子どもができれば、成長をも守ることができ、一緒に過ごせるのも理由と言えます。

理由④:イメージ的に楽そう

「専業主婦は楽」という印象が強いと、仕事より専業主婦になりたいと考えてしまいます。
テレビドラマの影響で、専業主婦がのんびり生活を送っている姿をみると「専業主婦って楽しそう」と感じる人は多いはず。

実際に楽かどうかは結婚した相手の収入によりますが、「節約しながら生活するのも悪くないな」と思ったり、想像が先行するのも理由のひとつといえます。

理由⑤:好きなことができる

仕事が忙しいと挑戦したい趣味や習い事に、時間が取れないことがありますよね。
専業主婦になれば自分の時間が持てるので、趣味を楽しんだり習い事を楽しむことが可能です。

仕事をしていると、やりたいことがあっても就業後は疲れてしまい、趣味やお稽古事も面倒くさいと感じますが、専業主婦なら昼間の時間帯に学ぶことができ、時間を有効に活用できます。

<下に続く>

専業主婦が勝ち組と言える理由

勝ち組の専業主婦が料理をする

専業主婦がなぜ、勝ち組と言われるのかその理由を見ていきたいと思います。

  1. 時間に余裕がある
  2. 家族をサポートできる
  3. 夫婦の時間を持てる
  4. 夫の年収が高い
  5. 子どもを作りやすい
  6. 子供との関わり
  7. 家事に時間をかけらる
  8. 家族の看病ができる
  9. 夫と良好な関係が築ける
  10. ストレスが少ない

続いて、専業主婦が勝ち組と言われる理由をそれぞれ詳しく説明していきます。

理由①:時間に余裕がある

時間に追われることなく、優雅な生活が送れるのも勝ち組と言われる理由でしょう。
仕事は出勤時間に合わせて準備をして、帰宅してもご飯を作るため、時間に追われて趣味を楽しむ余裕がありません。

専業主婦の場合、1週間に1回趣味の教室に通ったり、お稽古の帰りに友達とお茶をする時間があり、仕事を持つ女性と比べて、自分の時間を作りやすいのも勝ち組の専業主婦だからこそです。

理由②: 家族をサポートできる

仕事を持つ女性の場合、自分や夫の両親が病気になった時、誰が介護するのか困ってしまうものですが、専業主婦は仕事の心配がなく、心を込めて介護やお世話ができます。
家族が病気の時以外も、身内の誰かの世話が必要な時は、率先して世話役にまわり皆から感謝されるのも専業主婦の勝ち組といえるでしょう。

理由③:夫婦の時間を持てる

お互い働いていると忙しくて、帰宅時間が異なり夫婦ですれ違いが生じ、コミュニケーションがとりにくいものです。
翌日の仕事を考えれば、早めに寝て仕事に備える必要がありますが、夫が遅く帰宅した後も夫婦睦まじく会話が楽しめるのも勝ち組専業主婦の魅力といえるでしょう。

仕事をしていると明日のお弁当の準備や、資料作成など雑用に時間を取られ会話の時間が減りますが、専業主婦の場合、雑用は昼間の時間帯に終わらせ、夜は夫婦の会話の時間が持てるのも良い点ですね。

理由④: 夫の年収が高い

夫の収入だけで暮らせて、お金の心配することなく生活できるため羨ましいと思われ、勝ち組と見られます。
低所得では家族を養っていけず、専業主婦でいることはできませんが、収入が良いので、働く必要がなく勝ち組専業主婦と言われるのです。

理由⑤:子どもを作りやすい

女性にとって好きな人との間に子供ができるか、できないかで幸福度が変わってくるはずです。
仕事をしていると、疲れから肉体関係を結ぶのを億劫に感じたり、体調不良で不妊の原因にもなりかねませんし、ストレスでホルモンバランスが崩れると、妊娠しずらかったり、妊娠するタイミングが合わないなど考えられます。

専業主婦はゆったりとした生活で、体力・精神の負担がないので子供ができやすく、新しい家族ができるのも勝ち組と言われる理由です。

理由⑥:子供との関わり

専業主婦が勝ち組と言われるのは、子供の世話を十分にできるのも理由のひとつになるでしょう。
仕事をしている母親は、仕事が終わってからも、食事の準備など慌ただしい時間を送ることになり、子供とゆっくり会話をする暇がありません。

また、子供が学校以外でスポーツをしたい、習い事をしたいといった時、親の送迎が必要なことがあり仕事をしている母親は勤務を中断して子供に付き添うのは困難です。
専業主婦は時間を自由に使えるので上手く調整でき、子供の願いを叶えやすかったり、良い面を伸ばしてあげることができるのも勝ち組と言えるでしょう。

理由⑦:家事に時間をかけられる

専業主婦ですから満足のいく家事ができ家族からも感謝され、躍起になって終わらせることもなく、「今日できないことは明日やれば良い」と心に余裕が持てます
仕事をしていると、「疲れたから今日はここまでで良いか」となり中途半端になりがちですが、好きな時にできるのも勝ち組と言われる理由です。

理由⑧:家族の看病ができる

家族が病気になった時、きちんと看病できるのも勝ち組といわれる理由のひとつに。
いつも家にいるので子どが熱を出したり、夫が病気で休む時もしっかり面倒を見れるため、早めの回復が期待できます。

仕事を持つ母親は簡単に仕事を休むことはできず、義母や姉妹などに来てもらう必要があり、学校に通う子供がいれば、病児施設に預けるなど心を痛めながら仕事をすることになります。

理由⑨:夫と良好な関係が築ける

仕事面でのストレスがないため夫に八つ当たりしたり、イライラすることがないため円満な夫婦生活が送れるのも勝ち組の専業主婦と言えるでしょう。
職場で嫌なことがあり家庭に持ち込んでしまうと、夫に対して口調がきつくなったり、喧嘩に発展して夫婦不仲の原因に繋がりますが、専業主婦なら家で穏やかに暮らせるので、イライラすることも少なく夫の愚痴を聞く余裕があります。

理由⑩:ストレスが少ない

仕事を持つ女性は職場で発生するストレスが大きく、私生活に影響する場合が考えられますが、勝ち組の専業主婦は会社の複雑な人間関係にストレスを抱えることがなく悠々自適な生活が送れます。
仕事は毎日のことで、日々何かと問題が起こり精神的に負担を感じ、落ち着く暇がありません。

<下に続く>

勝ち組専業主婦の特徴

勝ち組の専業主婦がコーヒーを飲む

勝ち組専業主婦は、皆に羨ましがられますが、どのよな特色が見られるのでしょうか。

  1. 夫が高収入
  2. スキルを磨いている 
  3. 優雅な暮らしぶり
  4. 自立心がある

続いて、勝ち組専業主婦に見られる特色を、それぞれ詳しく説明します。

特徴①:夫が高収入

経済的に余裕があるのが勝ち組専業主婦で、夫は医師や弁護士、一流企業の商社マンなど年収が良い職業のことがほとんどです。
住居費や生活費、教育費などさまざまな部分にお金がかかり、学費が高いと専業主婦でも働く人が出てきますが、夫の収入でやりくりできるので、勝ち組専業主婦は働く必要はありません。

特徴②:スキルを磨いている 

のほほんと暮らしているわけではなく、前向きな考え方で生活に役立つ資格やスキルを学ぶのが勝ち組専業主婦です。
例えば貿易事務の資格を取得して個人輸入で収入を得たり、経営学を学びカフェをオープンさせるなど、趣味のひとつとして楽しみながら学ぶので表情がイキイキしています。

主婦のなかには孤立していると悩む人もいますが、勝ち組の主婦は孤独感はなくやる気に満ちた魅力的な人が目立つでしょう。

特徴③:優雅な暮らしぶり

勝ち組専業主婦の佇まいは、高級マンションや都心に一軒家を構えるなど住まいも豪華です。
友達とお洒落なレストランやホテルのビュッフェで食事をしたり、アフタヌーンティーを楽しむなど生活のレベルが違います。

朝はスポーツジムで汗を流し趣味の教室に通い、ショッピングを楽しむなど充実した生活ぶりです。

特徴④:自立心がある

勝ち組専業主婦だからといって夫に依存しているわけではなく、自分をしっかり持った、自立した女性でもあります。
専業主婦と聞くと夫に頼りきっている印象を持ちますが、勝ち組の主婦は自分の意見を持って、夫と対等に会話ができ、芯が強く人の意見に流されることがないので夫からも信頼されます。

<下に続く>

専業主婦になるメリット

勝ち組の専業主婦が子供と遊ぶ

では、専業主婦になるとどのような良い面があるのでしょうか?

  1. ストレスが少ない
  2. 子供と一緒
  3. 自由な時間

続いて、専業主婦になる良い点について詳しく説明します。

メリット①:ストレスが少ない

働かなくて良いので仕事面でストレスがほとんどないのが、勝ち組専業主婦の良い点といえるでしょう。
子供や夫、親戚付き合いなど、少しは嫌なことはあっても毎日の事でないので我慢できますし、仕事とは違ったストレスなので深く落ち込んだり、考えこまずにすみます。

家族内の問題であれば夫と話し合い解決できますし、職場のような複雑な人間関係に関わらず済むのも良い点ではないでしょうか。

メリット②:子供と一緒

働く主婦は子供を託児所や保育園に預けるため、ハイハイや初めての歩行、言葉を話すなど大切な瞬間の場を見逃す確率が高いです。
しかし、勝ち組専業主婦は子供といつも一緒なので、成長の場面に居合わせることができ、一生の想い出として心に留めておくことができます。

子供と深く関わり合えるのも、勝ち組の専業主婦だからなのです。

メリット③:自由な時間

仕事をしている女性と比較すると、比較的自分の時間が作りやすいのも良い点と言えるでしょう。
勝ち組主婦になると昼間に趣味の時間を楽しんだり、買い物を済ませてランチやお茶を楽しめ、やることを済ませてしまえば、時間に縛られず楽しく生活できるのも良い面といえます。

<下に続く>

専業主婦になるデメリット

勝ち組の専業主婦が手を取り合う

専業主婦になると、どのような悪い面があるのか見ていきましょう。

  1. 社会との関わり合いが減る
  2. 貯蓄ができない
  3. 収入が夫のみ

続いて、専業主婦になる悪い面について、それぞれ詳しく説明します。

デメリット①: 社会との関わり合いが減る

勝ち組の専業主婦と言っても、行動範囲は家が中心となるので人との関わり合いが減るため刺激のない生活に飽き飽きしたり、気持ちが沈みこみ外出する元気がなくなる人もいるはず。
育児と家事の繰り返しに負担に感じたり、人生に目標や生きがいを感じられず、精神的に辛いと感じるのも悪い面と言えます。

デメリット②:貯蓄ができない

収入が夫だけなので思うようにお金が溜まりません
勝ち組専業主婦のなかには、趣味の範囲で仕事をしてお小遣い稼ぎをしている人もいますが、何もしていないと一人のお給料で生活をやり繰りするので予定額に達しないのが現実です。

夫の収入が頼りなので万が一のことがあった場合、仕事がないと生活に困り保険でカバーしきれなかった時に、貯金がないと不安になってしまいます。

デメリット③:収入が夫のみ

共働きなら夫と妻の収入で生活できるので、ゆとりのある生活ができますが、勝ち組専業主婦でも夫の収入が少ないと、生活費を切り詰めて生活する可能性が出てきます。
夫の収入が良ければ心配はないですがギリギリの場合、余分に必要なものがかかった時、生活を圧迫しかねません。

勝ち組みは計画的にお金を使い、質素に生きているので無駄使いはしませんが、何かあった時は心細い思いをするに違いありません。

<下に続く>

勝ち組と言える専業主婦の旦那の年収

勝ち組の専業主婦が医師の夫を持つ

勝ち組の専業主婦の夫の年収は、どれくらいなのか気になりますね。

年収①:医師

医者の奥様と聞くと間違いなく、勝ち組と思いますよね。
研修医時代に結婚すると仕事量の割に安いと感じますが、医師として立派に独立した人であれば、勝ち組専業主婦になることが可能です。

年収は20代の勤務医で約780万円、30代になると約1,000万以上になり、40代で約1,500万円前後、開業して経営が順調であれば約2,000万円以上稼ぐことができ、優雅で勝ち組の専業主婦といわれるようになります。

年収②:弁護士

医師と並んで年収は高いですが、働き方で差が出る職業といえます。
大手の弁護士事務所で働く場合は、年収が約5,000万円以上と言われ、勝ち組にとって贅沢できる金額ですね。

企業の顧問弁護士なら約1,500万円くらいで、独立して事務所をかまえ経営が軌道に乗れば約2,000万円以上の年収が期待できますが、独立して事務所を開いても依頼が来ない場合は、年収がかなり低くなることも覚えておきましょう。

年収③:パイロット

飛行機を操縦するパイロットも高給取りで知られていますが、勝ち組専業主婦の夫がパイロットの場合操縦する機種や航空会社によって異なります。
大手航空会社のジャンボ機を操縦するパイロットでれば、年収約1,200万円くらいで、中堅の航空会社だと大手の半分の年収に。

パイロットでも機長か副操縦士か役職によって違いが見られ、機長の場合で平均2,300万円、副操縦士で約1,500万円と言われています。
どちらにしても約1,000万円以上を超えているので、勝ち組専業主婦になることが可能です。

<下に続く>

専業主婦になりたい彼女に対しての男性の本音

勝ち組の専業主婦の恋人が外を眺める

では、専業主婦になりたいという彼女の気持ちに対しての男性は、どのように考えているのでしょうか?

  1. 自分の給料では無理 
  2. 期間限定ならOK
  3. 家事を全てやるなら許す
  4. 失業などのリスクを考慮
  5. 相手に働いてほしい

続いて、彼女が専業主婦を希望する場合の男性の本音を詳しく説明します。

本音①:自分の給料では無理 

「自分のお給料で家族を養う自信はないし、無理だと思う」ので勝ち組の専業主婦にはなれないと思う。
女性は結婚目当てで恋人を探すことがありますが、勝ち組を目指すなら年収が良い彼氏と付き合うべきと考える人もいます。

好きな彼女が勝ち組になりたいと言っても、彼氏が高収入の職業についてない限り、家族を支えるだけの収入は期待できません

本音②:期間限定ならOK

妊娠や出産、育児など女性特有のイベントがある時なら、一時的に専業主婦になっても良いと考えの人もいます。
妊娠するまでは共働きで頑張ってもらい、妊娠してから無事に出産するまでは体調を整え安全に暮らしてほしいので専業主婦でも構いません。

子どもが小さいうちは、手がかかるので子どもと一緒に過ごしてもよいですが、育児が落ち着いたらまた働いてほしいと思います。

本音③:家事を全てやるなら許す

勝ち組の専業主婦でも、家で何もせずダラダラ生活している女性もいますが、家事を手抜きせずやってくれたり、目標を持って生活するなら専業主婦になるのを許可します。
掃除や洗濯、料理の役割分担など男女平等を主張しないなら専業主婦でも良いかな?と思う彼氏も。

お互い働いているなら助けても良いですが、専業主婦ならしっかりと役割を担うことを願っています。

本音④:失業などのリスクを考慮

元気で働けるうちは勝ち組で生活できますが、人間いつ病気になったり、怪我をして動けなくなるか分かりませんよね。
人生にはリスクがつきものと理解して、夫が働けなくなった時のことを考えてほしいです。

大企業に勤務していても、突然倒産したり何があるか分かりませんし、夫にばかり頼るのではなく、彼女にも危機感を理解してもらいたいと思っています。

本音⑤:相手に働いてほしい

勝ち組になりたい気持ちは理解しますが、彼女にも働いてもらいたいのが本音です。
夫の収入だけだと好きなの物が買えなかったり、節約の毎日で我慢することが多くなる可能性があり彼女を幸せにできません。

男として妻には苦労させたくないですし、マイホームの貯蓄もしたいと考えています。

<下に続く>

一般的な専業主婦家庭でかかる費用

勝ち組の専業主婦がお金を数える

生活費

食費や光熱費、保険など生活に欠かせない費用で食費は約40,000円前後と考えられますが、家族の人数が増えれば50,000円以上かかる場合もあります。
保険料も生活に含まれますが、加入する保険の種類によって異なり、4人家族で平均すると約25,000円と考えると良いでしょう。

光熱費や水道代が約15,000円、インターネットや電話などの通信費が約10,000円前後、日用雑貨費が10,000円、交際費が約20,000円、趣味やお小遣いが約20,000~30,000円かかるとして全部で約10万円かかると思った方が無難です。

住居費

住む地域や間取り、駅からの距離によって家賃は違いますが、都心で家族4人が住めるスペースの場合、約10万円~12万円を住居費に考えると良いですね。
社宅住まいなら低額な家賃ですみますが、マンションはやや高額な傾向といえるでしょう。

また、会社によって住宅費の補助が出る企業もあり、会社から出れば負担は減ります。

自動車費

車は保険料のほかに車検やガソリン代など維持費がかかりますが、約50,000円前後を考えると安心です。
車種や年齢、運転歴などによって保険料は異なり、通勤として車を利用するのか、週末だけ運手するのかでもガソリン代は変わってきます。

教育費

子どもの可能性を伸ばすため塾に通ったり、水泳やピアノ、英会話教室などに通うと高くなります。
教養にかける費用は平均約30,000円~40,000円と言われていますが、習い事の数や子どもの人数、内容によって金額は変動します。

<下に続く>

勝ち組専業主婦になる方法

勝ち組の専業主婦が結婚した

では、勝ち組専業主婦になりたい時は、どのような方法を実践すればよいのでしょうか。

方法①:自分を磨く

高収入の男性は自分のパートナーに相応しく、美しい女性を求める傾向が見られるので、勝ち組になりたい時は、男性から見初められることが必要といえます。
エリート職の男性は外見の美しさだけなく、内面が磨かれた女性を好むため趣味を楽しだり、将来に役立つ資格を取得するなど自分を高めることが大切です。

外見や内面が輝いて見えれば、男性から注目されプロポーズを受ける可能性が高くなるでしょう。

方法②:家庭的になる

男性は家庭的な女性が好きなので普段から家事を行い、「結婚したら家を守ってほしい」と思わせることがポイントです。
料理教室に通い花嫁修業で家事のスキルをアップさせると、女性らしさに繋がり花嫁候補になれる確率が高くなるずですよ。

料理や掃除が苦手な人は、勝ち組に入ることは難しいと言えます。

<下に続く>

勝ち組の専業主婦を目指そう!

勝ち組の専業主婦になる女性

主婦にも勝ち組、負け組が存在しますが、好きな人と結婚すれば幸せな生活が送れるでしょう。
勝ち組を目指すあまり、相手の性格を考えず収入や職業で選ぶと、幸せと感じず後悔の原因になるので、愛情を持って交際すると失敗が防げます。

勝ち組になっても目標を持って前向きに進むことで、孤独を味わうことはなく、充実した人生を歩むことができますよ。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line