Search

男女200人に調査!関わりたくない人ってどんな人?

どんな人でも、「もう2度と関わりたくない!」と思ったことがあるはず。
では、関わりたくない人とは一体どんな人なのでしょうか?

まずは、関わりたくないと思う人がどのくらい周りにいるのかを聞いてみましたよ。

Q.関わりたくないと思う人は周りにいる?

グラフ_関わりたくないと思う人は周りにいる?男女200人へのアンケート

なんと約9割の人が関わりたくない人が周りにいると回答!
ほとんどの人が、関わりたくない人と出会っているんですね。

では、どのような経緯で「関わりたくない」と思ったのでしょうか?
男女200人に、「この人とは関わりたくない」と思ったエピソードを教えてもらいましたよ。

もっと恋愛アンケートをみたい方はこちら♡

Q.「この人とは関わりたくない」と思ったエピソードを教えて

男性のコメント

【元カノ】金銭感覚が全く違い、後先考えずにたくさんのものを買ってきた時です。 (20歳)

元彼女がSNSで悪口を書きまくって嫌がらせをしていたのを知ってドン引きし、そこから関わりたくなくなりました。 (34歳)

大学の先輩。会う度にいつも余計な一言を言ってきて、平気で人を傷つけたりするため。(32歳)

職場の上司。連絡なく一週間休み、仕事を全部肩代わりした時。(21歳)

会社の所長です。御飯食べに行ったときお店にクレームを言っていたとき。 (39歳)

女性のコメント

職場の社長。社員がいろいろと考えて起こした行動に対して、過程を一切見ることなく叱りつけているところを見た時に、本当に関わりたくないと思いました。(25歳)

男友達の元カノ。あまり面識もなかったのに彼氏と別れ話したらしくLINEがきて「別れ話をとめてほしい」と。私も事情を知らないからごめなさいと伝えると犬の写真と「私の友達はこの子だけです」と。怖くなって関わらないと決めました。 (28歳)

お喋り好きな歳をとった女性の方。周りに自分の話しをしてしまうのではないかと思ってしまうのであんまり関わりを持ちたくありません。 (23歳)

彼氏の母親。30歳になる彼氏が外泊しただけで、裏切られた!とヒステリックに騒いだと聞いたとき。(27歳)

同僚と飲みに行くと、毎回飲みすぎて酔いつぶれて、周りの方にも迷惑をかけてしまうので、なるべく関わりたくないと思いました。 (33歳)

会社の上司・元カノ元カレなど、様々な人とのエピソードが寄せられました!
自分勝手な行動をしたり、他人を傷つけたりする姿を見たときに「この人とは関わりたくない」と思うようです。

たとえ仲がいい相手でも礼儀はしっかり守るように心がけましょう。
では、関わりたくない人の特徴を紹介します!

関わりたくない人の特徴

null

関わりたくない人にはどのような特徴があるのでしょうか?
外面が良かったり、相手の懐に入ることがうまい、でも関わると大変な人もいるので、気をつけましょう。

  1. メンヘラ
  2. ナルシスト
  3. 虚言癖のある人
  4. 目立ちたがり屋
  5. 自分の非を認められない人
  6. かまってちゃん
  7. 若かりし頃の自分に依存している人

特徴①:メンヘラ

あなたの周りの関わりたくない人の中に心が病んでいる人が一人はいませんか?
メンヘラの方って「私メンヘラなんですよー。」と自慢げに言ってきますよね。

これは不幸自慢して、人の関心を惹きつける手法です。
不幸自慢をして異性の気を惹こうとする人にも関わらない方がいいでしょう。

優しくしすぎると、頼られて大変になりますし、だからと言って、きつい言葉を言うと落ち込ませてしまいます。
傷つけないように、一定の距離を保って付き合うことを心がけてください。

メンヘラな子には、話を聞いてあげることもよいですが、ポジティブになれる方法を提案することがよいでしょう。
心が病む人は、ネガティブな思考になりやすいので、スポーツなど体を動かしてリフレッシュすることを提案してみてください。

何か別のことに集中できると、思考が止まるのでネガティブな気持ちになる時間が減っていきますよ。

特徴②:ナルシスト

関わりたくない人には、ナルシストも特徴になります。
ナルシストがネタになって、周りを笑わせるようなムードメーカーならいいでしょう。

ただ、かっこよくても、ナルシストってだけで人気は下がりますよね。
ナルシスト全般が、関わりたくない人ではありません。

関わらない方がいいナルシストは、俺はカッコイイから何でも許されると、自分勝手な振る舞いをする人です。

特徴③:虚言癖のある人

自分を良く見せようと、話を盛る程度であればいいのですが、自分に非があることを人のせいにしてしまう人もいます。

自己アピールが上手なのは利点ですが、嘘や誰かに罪をなすり付ける行為は良くありません。
毎回誰かのせいにしてしまうため、周りからの信用がなくなり、どんどん一緒にいる人がいなくなってしまうタイプでしょう。

特徴④:目立ちたがり屋

自然と人気者になる人と、周りを蹴落として目立とうとする人が学校にいませんでしたか?
こういう人は、大人になっても気に食わない事や人がいると、意地悪な気持ちがひょっこり顔を出すときがあります。

目立ちたがることは、決して悪いことではありませんが、誰かに嫌な思いをさせることは、よくありません。
常に自分に注目されていないとイライラしてしまう人は、関わりたくない人の特徴です。

特徴⑤:自分の非を認められない人

関わりたくない人の中に、自分の非を認められない人っていませんか?
自分がミスをしたり問題の起因を作ってしまっても、人のせいにする人です。

プライドが高く自分の非を認められないうちに、人のせいにする言い訳が上手になります。
「みんなが協力してくれないから、結果自分がミスをした。」「みんなの仕事が遅いから、自分の負担が増えた。」など、他人に責任を擦りつけてしまうのです。

自分の非を認められないので、いつまでも成長できませんし、トラブルメーカーにもなりやすいです。
プライドが高すぎると、関わりたくない人と思われやすく、周りの協力も得にくくなるでしょう。

特徴⑥:かまってちゃん

関わりたくない人に、かまってちゃんも含まれます。
かまってちゃんは、そこまで関わりたくない人ではありませんが、自分の時間が奪われるって嫌ですよね。

「あなた中心で、世界は周っていませんよ!」と教えてあげましょう。
寂しいのは分かりますが、大人になったら、その感情だけで周りを振り回すのはやめましょう。

特徴⑦:過去の自分に依存している人

過去の自分に依存している人も、関わりたくない人です。
以前、テレビでとあるタレントも言っていました。

「昔チヤホヤされていた人は、昔の残像の中で生きているから、今の自分が見えていなくてイタイ」と。
40代になっても若い女性に張り合ってくる人、あなたの周りにもいませんか?

若い子が自分よりもチヤホヤされると、不機嫌になるお局さんは関わりたくない人と思われやすいです。
いつまでも、女性でいることは素敵なことですが、年下と張り合うと、大人気ない人とだけではなく、関わりたくない人にもなるのでやめましょう。

男女200人の実体験!関わりたくない人への対処法

普段は避ける関わりたくない人と、仕事でどうしても関わらなくてはいけないこともあるはず。
そんなときは、どうしたらうまく対処できるでしょうか?

そこで男女200人に、関わりたくない人をうまく対処できたエピソードを聞いてみました!

Q.関わりたくない人に対し、うまく対処できた時のエピソードを教えて

男性のコメント

元彼女と同棲していた部屋から出ていき、相手からの要求も断るようにしたら相手からの連絡がぱったり途絶えて自然に関係解消になりました。 (34歳)

SNSで知り合った友達の考え方が理解出来ず、その人の情報を見れるからイライラするのだと思い全てブロックしました。 (20歳)

関わりたくない上司がいましたが、それも仕事の内だと割り切って演技だと思うようにしたら、うまく対処できました。 (38歳)

用事があると言って抜け出し、連絡を一切取らないようにした。 (31歳)

こういう部分が苦手だから控えてほしいと伝え、お互いに誤解を解きました。 (31歳)

女性のコメント

心を無にして、相手の気持ちいいように話をさせます。聞いている振りをしながらほかのことを考えます。 (25歳)

不倫相手との連絡を断ち切るために、親友の前で絶縁宣言をしました。心配してくれる親友を裏切ってまで付き合おうとは思いません。 (26歳)

ビジネスだと思って付き合う。ある一定からはこちらに踏み込ませないように態度で示す。 (27歳)

酔い癖の悪い同僚と飲みに行かなくては行けないときは、他の方には申し訳ないのですが、なるべく早く先に帰るようにしています。 (33歳)

関わりたくない人と、そこまで深く話はせずに、自分の必要なことだけ耳を傾ける。 (23歳)

「相手のことを深く気にしすぎない」「SNSなどのつながりを切る」といった意見が多く見られました!
どうしても関わらなければいけないときは、相手に関心を示さず静かにやり過ごすことが大切かも。

また、「はっきりと嫌な部分を伝える」という意見もみられました。
相手がある程度大人な考えができる人だったら、伝えてしまってもいいかもしれませんね。

ではさらに、関わりたくない人への対処法を解説します!
もっと恋愛アンケートをみたい方はこちら♡

関わりたくない人への対処法

関わりたくない人特徴

関わりたくない人とは、できれば関わりたくありません。
でも、そんな訳にもいかない場合はどうしたら良いのでしょうか。

  1. 一人にならない
  2. 優しくしない
  3. 他の人の存在を匂わせる
  4. 騙されない
  5. 笑って誤魔化す

対処法①:一人にならない

関わりたくない人は、だいたい他の人も関わりたくないと思っています。
そのため、本人も薄々気づいていたりします。

だから、まるで獲物を狙うかのように一人の人に近づいてきます。
対処方法としては、なるべく一人にならないことです。

何か問題が起こった時も、二人だと証拠がないため、トラブルに巻き込まれてしまいます。
関わりたくない人と関わらなきゃいけない時は、第三者がいる環境で関わりましょう。

対処法②:優しくしない

関わりたくない人には、あまり優しくしすぎないように心がけましょう。
優しくすると、いいように利用される場合もあります。

冷たくする必要はありませんが、他の人と平等にしてください。
私だけに優しいかもと勘違いされると、関わりたくない人に気に入られてしまいますよ!

対処法③:他の人の存在を匂わせる

関わりたくない人と会話をする場合はなるべく「他の人もこう言っていましたよ。」と第三者の発言も含みましょう。
一対一の状況をなるべく避けるために、関わりたくない人には、他の人の存在を匂わせてください。

対処法④:騙されない

やけに口が上手い人には、疑いから入りましょう。
関わりたくない人って、口が上手い人が多いんです。

うまい話には裏があるといいますが、正にそれです。
関わりたくない人に騙されないよう、口が上手い人には気をつけましょう。

対処法⑤:笑って誤魔化す

関わりたくない人と関わる場合、いい人になり過ぎないでください。
「あーそうなんですね!」と笑って、面倒な話題は流しましょう。

それ以上、踏み込ませないオーラを出してください。
そして笑顔で、別の話題に変えましょう。

相手別!関わりたくない人への対処法

関わりたくない人仕事仲間

仕事や、子供関係の集まりなど、大人になると避けられないコミュニケーションがあります。
相手別の対処方法を見ていきましょう。

職場の人

対処法①:二人っきりにならない

関わりたくない人と仕事をする時、できれば二人っきりの仕事は避けましょう。
第三者がいる状況にしてください。

癖がある人は、協力者も少ないので、相手が一人だとやりやすいのです
だから、関わりたくない人と二人っきりになる状況は作らないようにしてください。

対処法②:相談しておく

あらかじめ、関わりたくない人に関して、上司に相談しておくことも良い方法です。
問題が起きてからでは遅いので「あらかじめ相談」しておいてください。

関わりたくない人って、トラブルメーカーなので何かしら問題を引き起こします。
よく問題を起こす方と仕事をする場合は、あらかじめ、上司に相談しておいてください。

ママ友

対処法①:明るい自分をアピール

ママ友の中にも弱みに付け込んだり、噂話が好きな関わりたくない人いませんか?

ここでも、一人っきりにならないようにしましょう。
最初のうちに、色んな方に話しかけて、気が会う人たちを探してください。

おどおどしていると、獲物にされてしまいます。
明るくて色んな人と関われる人という印象を与えましょう。

対処法②:したたかな一匹オオカミでいる

グループで行動することが苦手であれば、みなさんと一定の距離を取るようにしましょう。
「特定して仲良くしている人はいません」という、したたかさを出してください。

手強そうな人に、癖のある人は寄ってきません。
ただ、ツンとしていると自分自身も関わりたくない人になりかねません。

みなさんと一定の距離を取りつつ、愛想は大切にしましょう。

元カレ

対処法①:情報を与えない

一切関わりたくなければ、自分の情報がSNSでバレないようにロックしましょう。
もしくは、この機会にやめてもいいでしょう。

対処法②:彼氏できたことを伝える

真逆になりますが、彼氏ができたことを伝えれば関わらなくて済む場合もあるでしょう。
彼氏ができたことが、関わらなくて良い理由にできるからです。

彼を大切にしたいからとか、彼にヤキモチ妬かせたくないからなど理由を伝えましょう。
怒って伝えるのではなく、やんわりと優しく伝えましょう。

男女200人に調査!人と関わりたくないと思う人の割合

ここまで、関わりたくないと思う特定の人に対する関わり方をみてきました。
では、そもそも人自体と関わりたくないと思う人はどのくらいいるのでしょうか?

男女200人に、人と関わりたくないと思うことはあるか聞いてみました!

Q.人と関わりたくないと思うことはある?

グラフ_人と関わりたくないと思うことはある?男女200人へのアンケート

なんと、約9割の人が「人と関わりたくないと思うことがある」と回答しました!
意外にもほとんどの人が、誰とも関わりたくないと思った経験があるんですね。

人と関わることを嫌がる人も、少なくないのかもしれません。
では、人と関わりたくない人の特徴・心理を詳しくみていきましょう!

人と関わりたくない人の特徴・心理

関わりたくない人避ける

中には、関わりたくない人ではなく、敢えて人と関わろうとしない人がいます。
どういったきっかけがあって、そのようになったのでしょうか。

  1. 単に一人が好き
  2. 人と関わって揉めたくない
  3. 面倒臭い
  4. 自分に癖があると分かっている
  5. 自分に興味を持ってくれる人とだけ仲良くなりたい

特徴・心理①:単に一人が好き

単に一人が好きなだけの場合もあります。
誰かと話すより、黙々と仕事をしていたいと考える人もいるのです。

話すのが好きではないだけで、特に、深い理由はない場合もありますよ。
その場合は、相手の性格を察して、そっとしておきましょう。

中には話しかけると意外に愛想がいい人もいるので、様子を見てコミュニケーションを取りましょう。

特徴・心理②:人と関わって揉めたくない

人と揉めたくないと思う人が、できる限り人と関わることを避ける傾向があります。
揉めるくらいなら、初めから一人でやっちゃおうと考えるのです。

もしくは、一人でやったほうが早いと考えている人は、人を避ける傾向があります。
誰かと揉めたくない、傷つけたくないという優しさが根底にあるのかもしれません。

特徴・心理③:面倒臭い

せっかちな人は、人と関わることも時間の無駄だから一人でやっちゃおう!と思うようです。
人のペースと自分のペースが合わないとイライラしてしまうので、そう考えてしまうのです。

イライラしてしまうことが分かっているからこそ、敢えて人と距離を取ると考えているので、周りの人のことを考えた配慮ではないでしょうか?

特徴・心理④:自分に癖があると分かっている

自分は癖があるな、ちょっと変わっているなと自ら気づいている人は、敢えて自分から人と関わりません。
話しかけると、嬉しそうにしてくれる人もいるので、声をかけてみても良いでしょう。

自分に自信がなくて、自分から話しかけられない場合もあるので、話しかけてくれることを待っているかもしれません。

特徴・心理⑤:自分に興味を持ってくれる人とだけ仲良くなりたい

ちょっと上から目線な人かもしれませんが、敢えて距離を取り、それでも自分に興味を持ってくれる人とだけ仲良くなろうと思っている人もいます。
自分は人見知りですよ。変わっていますよ。それでもいいんですか?と待っている状態なのです。

敢えて壁を作り、その壁を乗り越えてきてくれる人にだけ「ちょっと心を開いてみようかな?」という、ズル賢いような、慎重なタイプもいます。
もし、あなたが興味を持つのであれば、その壁を乗り越え、話しかけてみてくださいね!

人と関わりたくないと思う原因

関わりたくない人上司

人と関わりたくない人は、どうしてそうなったのでしょうか。
原因が必ずあるはずです。
どのような原因が考えられるでしょうか?

  1. いじめを受けたトラウマがある
  2. 揉めた経験がある
  3. 人見知り
  4. プライベートを探られたくない人
  5. 集中したい
  6. 一人が好き
  7. 誤解されたくない
  8. 自分に自信がある

原因①:いじめを受けたトラウマがある

過去にいじめられた経験や自分に自信がない人は、人との関わりを避ける傾向があります。
会社で人と関わらない人は、それがきっかけで、会社でも浮いてしまう場合もあるでしょう。

そうなると、ますます人と関わることが億劫になり、心を閉ざしてしまいやすくなります。

原因②:揉めた経験がある

過去に人と揉めたことがある人も、人との関わりに慎重になります。
そのため、積極的に関わろうとしない場合があります。

できる限り、職場では必要最低限の会話しかしないと心に決めている人もいるでしょう。
人と関わる上で、勘違いからの揉め事などは起こります。

それにトラウマを感じたり、面倒だと感じてしまったことが原因でしょう。

原因③:人見知り

昔っからの人見知りで、気が合う人としか喋れないという人もいます。
人見知りでも影響のない職業に就いている場合、改善する必要性がないので、そのまま人見知りでいる人もいます。

人見知りは悪いことではありません。
そのため、人見知りでも問題がない環境で、自分自身も直したいと思っていなければ、直す必要はないでしょう。

原因④:プライベートを探られたくない人

中には、プライベートを探られたくない人もいると思います。
相手はコミュニケーションを取るために、ただ質問した場合でも、プライベートを探られたくない人は、話したがりません。

そのため、プライベートを探られたくない人は、人と距離を置くでしょう。

原因⑤:集中したい

特に仕事場での人間関係を重要視していない人は、仕事の効率だけ考えて、人と距離を置きます。
集中するために、敢えて人を遠ざけ、頼みごとや雑談を避けるのです。

仕事と割り切っているタイプに多く、協力せずとも成り立つ職業にも多いでしょう。

原因⑥:一人が好き

会社の休憩時間は、誰かと話していたいタイプと、一人でゆっくりしたい人と分かれると思います。
仲良くなってしまうと、休憩時間に一人でいずらくなるなぁと考えている場合、初めから人と距離を取るケースがあります。

原因⑧:自分に自信がある

誰かに頼らなくても平気な人は、人と関わりません。
誰でも自信があると、ついつい一人でやりたくなったりしませんか?

一人でやった方が、早く仕事が終わる場合もありますし、自分のペースで進めたい人もいると思います。

人と関わりたくない人におすすめの対処法

関わりたくない人一人でいたい

人と関わりたくない人は、どのように過ごしていけばいいのでしょう。
全く関わらなくていいことなんてできません。
どうすれば、関わらずに過ごせるかを考えてみましょう。

  1. 愛想は良くしておく
  2. 人見知りを公言する
  3. 仕事はきっちり行う

対処法①:愛想は良くしておく

人と関わりたくなくても、愛想はよくしておきましょう。
「そうですね!」と笑顔で答えつつも、長居せず、爽やかにその場を去るイメージです。

必要最低限の会話をしっかりと、そして笑顔を大切にしてください。
愛想が良ければ、人とあまり関わらなくても少し印象が良くなりますし、万が一、仕事などでミスした場合も助けてもらいやすいでしょう。

対処法②:人見知りを公言する

いろんな人に話しかけられたくない場合は、奇人変人もしくは人見知りを公言してください。
自ら壁を作って、人と距離を取ってください。

それでも、自分に興味を持ってくれる人であれば、少しは関心を持って会話してみてもよいでしょう。
変わった人と思われれば、色々な人は声をかけてきません。

対処法③:仕事はきっちり行う

人と関わらない人の場合、仕事も中途半端だと、裏で悪く言われてしまいます。
なので、人と関わりたくない場合は、自分一人でも完璧に仕事できますと言う責任感を持って仕事はしっかりとしてください。

「あの人、人と話はしないけど、仕事はすごいよね!」と思われれば、悪く思われません。
できれば必要最低限の笑顔や会話もできればなおさら良いですよ。

人と関わりたくない人に向いてる仕事

関わりたくない人の気持ち

人と関わりたくない人はどのような職業なら、スタンスを変えずにできるのでしょうか?
単独でできる仕事を紹介します。

向いてる仕事①:プログラマー

顧客と直接やりとりしなくてもいい場合、プログラマーは人と関わりたくない人に向いてる仕事です。
会社内でのやりとりはありますが、経験があればそれほど会話せずとも成り立ちます。

実際に、パソコンに向かって話さずひたすら作業したい方がプログラマーに多いようです。

向いてる仕事②:デザイナー

デザイナーも、直接クライアントとはやり取りせず会社内の指示で成り立つのであればオススメです。
ひたすら自分の経験や感性で仕事をすることができますよ。

量も多く、細かい作業なので、ひたすら無言で集中してできるでしょう。

向いてる仕事③:テレアポ

テレアポって、人と会話する仕事なのになんで?と思うでしょう。
もちろんテレアポでも営業系だと、難しいです。

しかし、スクリプトを読むだけのテレアポであれば、意外と人と関わりたくない人に向いてる仕事です。
テレアポは連携を取るような職業ではなく単独での作業が多いので、自分のペースで、ひたすら顔の見えない相手と話すだけだからです。

また、休み時間もバラバラなことが多いので、一人でいやすいという利点もあります。

関わりたくない人に思われないように

関わりたくない人との関係

関わりたくない人の特徴を紹介しました。
色々な人がいるので、自分は普通と思っていても、変わった部分もあるでしょう。

でも、相手を思いやる心があれば、関わりたくない人にはなりません。
関わりたくない人というのは、他人に迷惑をかけたり、嫌なことをする人です。

プライドが高すぎたり、見栄を張りすぎることも、敬遠されやすくなります。
つい自分のエゴが最優先されてしまっていませんか。

どうすれば敬遠されずに自分らしく生きていけるのか、そこにフォーカスしてみてくださいね。

Apple touch icon
ライター
noel編集部

取り入れたくなる素敵が見つかる、大人女性のためのwebマガジン「noel(ノエル)」。
メイク・コスメ、美容、ライフスタイル、ヘアスタイル、ファッション、ネイル、恋愛のテーマで、編集部が独自調査、または各分野のスペシャリストが監修した記事を毎日更新しています。いまの気持ちに1番フィットする情報で、明日を今日よりすばらしい日に。

ライターの記事一覧を見る