Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

6月上旬・中旬・下旬に最適な東京の服装&レディースコーデ

6月といえば雨でジトジトする梅雨の時期で憂鬱なんて人もいますよね。
梅雨で外も家の中もジメジメしてて気分もなんかスッキリしないと服装のコーディネートを考えるのも毎日大変になってしまいます。

雨の日だけじゃなくても気分が晴れないと服装も何を着ていいか分からないですよね。
6月に東京での最適な服装はちょっと工夫をすれば暑い日や肌寒い日に対応でき梅雨の時期も過ごしやすくなります。

6月下旬の月で着るべきおすすめの服装を細かく分けてご紹介していきます。
6月は服装で気分を上げていきましょう。

Large pexels photo 247199
目次

東京の6月の平均気温

6月の服装を気にする女性

6月に着る服装を決めるときには気温がどのくらいかで変わってきます。
2014年から2018年の6月東京の平均気温は
・2014年 23.4℃
・2015年 22.1℃
・2016年 22.4℃
・2017年 22.0℃
・2018年 22.4℃
でした。

5年間の平均気温は22.5℃です。
そこまで気温は高くないですが6月は梅雨でジメジメして湿度も高いため、体感的には暑く感じます。

6月はジメジメした湿度をに負けない服装のコーディネートで梅雨を乗り切りましょう。

<下に続く>

6月上旬に最適な東京の服装!レディースコーデ術

6月上旬のおすすめの服装をする女性

6月上旬はまだ梅雨には入っていないことも多く、昼間は暑いけど朝と夜は冷えて寒くなります。
6月上旬の服装のポイントは上から羽織れるアウターを取り入れた服装がおすすめです。

6月上旬のおすすめの服装をご紹介していきます。

スカートコーデ

まずは6月上旬の服装におすすめのスカートコーデ5選をご紹介していきます。
パンツよりもスカートが好きだったらこちらの服装を参考にしてみてくださいね。

服装①:トレンチコートを使った6月上旬ののコディネート。

梅雨になる前の6月上旬の気温の低い日はまだ肌寒い日も多くあります。
そんな肌寒い日の服装はトレンチコートがおすすめです。

トレンチコートの中はキレイめに見えるレーススカートで華やかさを出すと素敵な服装になります。
キレイめの服装なので30代にもおすすめです。

服装②:フリルのトップスを使った6月上旬のコーディネート。

何を着ていいかわからない6月の服装にかわいさをプラスするなら、フリル素材のトップスやアウターもおすすめの服装です。
かわいいフリルがついた服装のファッションなら肌寒くても気分な上がります。

スカートが大好きでかわいい服装が好きなな20代の女の子におすすめの服装です。

服装③:デニムジャケットを使った6月上旬のコーディネート。

カジュアルなアウターならデニムジャケットも譲れません。
6月の服装でデニムジャケットをメインにするなら、スカートはチェックのスカートなど可愛くなり過ぎないシックなスカートの服装で決めてみましょう。

曇りの日はちょっと浮かない気分になりますが、明るい感じの服装で気分を上げていきましょう。

服装④:鮮やかなスカートで暗い雰囲気を吹き飛ばす6月上旬のコーディネート。

6月の服装はアウターを羽織りたいけど、アウターを羽織ってしまうとどうしても全体像がワントーンになり過ぎて寂しいという人は、アウターの中を思い切って色が鮮やかなスカートにしてみるのも素敵です。
柄に気をつければ30代の女性でも簡単に華やかな雰囲気になれるので、おすすめの服装です。

服装⑤:クールな雰囲気を出す6月上旬のコーディネート。

6月5雨が降っている日の服装は雨に濡れても大丈夫な素材のスカートもおすすめです。
濡れても大丈夫な素材だとクールやハードな雰囲気になってしまいますが、あえてトップスもクール系でいく服装もかっこいいですね。

パンツコーデ

6月上旬の服装におすすめのパンツコーデをご紹介していきます。
6月上旬はまだ肌寒い日も多いのでパンツの出番も多いですよね。
マンネリっぽくなってきたらこちらを参考にしてみてくださいね。

服装①:ホワイトのワントーンで6月上旬のコーディネート。

アウターの中は上下ホワイトで統一して初夏らしさを出す服装も素敵。
ホワイトなら蒸し暑い日も涼しく見えるのでおすすめの服装です。

6月はアウターを羽織ったら中は涼しくして暑苦しさを出さないようにする服装にしてみましょう。

服装②:肩掛けで寒くなってもOKな6月上旬のコーディネート。

6月にカジュアルな服装を取り入れるなら涼しく見える素材のパンツに白Tの王道カジュアル。
そのままだとカジュアル過ぎる服装になってしまうので、薄いアウターを肩から掛けて大人カジュアルにしてみてくださいね。

服装③ : ジメジメした日のリネン素材で6月上旬のコーディネート。

6月の蒸し暑い時期の服装にリネン素材のシャツを持っておくと安心です。
リネン素材のシャツなら肌寒くても大丈夫ですし、蒸し暑くても汗を吸収してくれます。

6月の服装に持っていて損はないアイテムです。

服装④:サマーニットで涼しさを出した6月上旬のコーディネート。

6月の少し肌寒い日は10分丈のサマーニットなら急に暑くなっても大丈夫な服装です。
袖を少し上げて手首を出すとスッキリ着られる服装になります。

明るいシューズを履けばテンションも上がりますね。

服装⑤:アンクル丈のワイドパンツを使った6月上旬のコーディネート。

昨年に引き続き人気のあるワイドパンツの服装も6月におすすめです。
リネン素材だったりアンクル丈のワイドパンツなら暑苦しさも無し。

濃い色よりも薄い色味を選ぶことで見た目も涼しい服装にしてみましょう。

<下に続く>

6月中旬に最適な東京の服装!レディースコーデ術

6月中旬のおすすめの服装をする女性

6月中旬は雨が降りやすかったり、そして雨が降ると少し肌寒くなったりしてどんな服装にしていいか本当に困りますよね。
6月中旬の服装のポイントは着ていても暑くならない薄手のアウターや7分丈や5分丈トップスを服装に取り入れると効果的です。

スカートコーデ

6月中旬のスカートコーディネートは、ジメジメしてくる時期を考えてスカートの素材でコーディネートを選んでみるとうまく時期にあったコーディネートになりますよ。

6月中旬におすすめ服装のスカートコーデをやご紹介していきます。

服装①:リネン素材のスカートを使った6月中旬のコーディネート。

6月中旬の服装は少しずつ蒸し暑くなってくるので、涼しさと肌寒さを快適に過ごせる服装がおすすめ。
リネンや軽い素材のスカートなら暑いと寒いの両方に対応できる服装です。

スカートを色を明るくして華やかな服装にしてみましょう。

服装②:ギンガムチェックスカートを使った6月中旬のコーディネート。

6月の服装で涼しげなリネンのスカートを履くなら、ギンガムチェックのスカートも素敵な服装です。
30代女性なら膝下丈のロングスカートで大人かわいい雰囲気の服装に仕上げてみるのもおすすめ。

足元はチャンキーヒールのサンダルで、少しの雨でもOKな服装になります。

服装③:ワンピースが着たい日の6月中旬のコーディネート。

6月中旬は雨が多くなってくるけどやっぱりワンピースを使った服装をしたい、という日もありますよね。
そんな日はペタンコサンダルで足元は濡れても大丈夫な服装にしてみませんか?

カジュアルな服装になり過ぎて不安という人は薄い素材のシャツを羽織ったり、ペタンコサンダルをカジュアルになり過ぎないサンダルを使うと大人女子でも大丈夫な服装になりますよ。

服装④:リネン素材のワンピースを使った6月中旬のコーディネート。

ワンピースもリネン素材を選んだ服装なら、6月の蒸し暑い日でも涼しげな服装になります。
ノースリーブワンピースなら軽い素材のジャケットを羽織ると服装なら6月でも大丈夫。

肌寒さにも対応できますし、暑くてもジャケットの中はリネンなので暑さ知らずです。
6月にワンピースを買うならリネン素材も候補に入れてみてくださいね。

服装⑤:パンチがあるスカートを使った6月中旬のコーディネート。

切り替えが付いているアシンメトリーのスカートも、パンチがあって6月にしたい服装です。
普通のスカートじゃ物足りないという20代女子にもおすすめです。

スカートにパンチがあるので、トップスはあえて軽い素材のシンプルトップスをあわせるだけで簡単に6月の服装が決まりますよ。

パンツコーデ

6月中旬のパンツのコーディネートも素材を選びながらジメジメに打ち勝つ服装にしていきましょう。
6月中旬におすすめ服装のパンツコーデをご紹介します。

服装①:涼しい素材のワイドパンツを使った、6月中旬のコーディネート。

6月中旬の気温が不安定な時の服装は、袖がフレアになっているトップスにワイドパンツの服装で乗り切れます。
ワイドパンツもリネン素材なら暑くなった時もOKな服装です。

イエローやオレンジなどのビタミンカラーでジメジメした気分も元気になれちゃう服装です。

服装②:レースのカーディガンを使った、6月中旬のデニムコーディネート。

暑くなりそうな6月中旬の服装は、UVカットも兼ねてレースのロングカーディガンを使った服装はいかがですか?
レースカーディガンを使った服装なら中はデニムにTシャツで思いっきりカジュアルにしてもOKです。

レースカーディガンは20代から30代まで、幅広い年代の服装に使える嬉しいアイテムです。

服装③:レインブーツをメインにした6月中旬のコーディネート。

雨が降ってしまった6月の服装はレインブーツをメインにした服装にしてみましょう。
ボトムスはブーツインしたり、ロングのレインブーツならショート丈のボトムスと合わせる服装もかわいいですよね。

肌寒い日はロングワンピースを羽織るとすっきりとした印象になる服装です。

服装④:キレイめワイドパンツを使った6月中旬のコーディネート。

6月の服装で30代にもおすすなキレイめな服装は、アンクル丈のワイドパンツ合わせた服装です。
トップスはゆるふわトップスをパンツにインすることで、キレイめな服装になります。

上下は淡い色合いを合わせると初夏でも暑苦しくない服装になります。

服装⑤:デニム生地を使った、6月中旬のワイドパンツコーディネート。

6月の服装にアンクル丈のワイドパンツなら動きやすい薄いデニム生地のワイドパンツもおすすめです。
デニムのワイドパンツにするならチェックのトップスが素敵。

無地のトップスだと少し物足りない服装でも、チェックが入ることでこなれ感が出ますよ。

<下に続く>

6月下旬に最適な東京の服装!レディースコーデ術

6月下旬のおすすめの服装コーデをする女性

6月下旬は梅雨に入ってジメジメしていたり、晴れていると気温が上がりやすく暑いです。
6月下旬の服装のポイントはサラッとした質感の服装にすることです。

スカートコーデ

6月下旬は夏らしい暑さになったり雨でジメジメしたり、コーディネートに困る時期です。
そんな6月下旬は柄や生地で夏らしさの出るコーディネートがおすすめです。

6月下旬の服装におすすめのスカートコーデのご紹介です。

服装①:ボタンダウンスカートを使った、6月下旬のコーディネート。

6月下旬の蒸し暑い時期は流行りのボタンダウンスカートを取り入れた服装はいかがですか?
スカートはチェックを選ぶ事で軽やかな雰囲気が出る服装に。

シックな色のボタンダウンスカートは派手になり過ぎないので、30代の大人女子にもおすすめの服装ですよ。

服装②:ラップスカートを使った、6月下旬のコーディネート。

ジメジメした6月下旬でも暑苦しくならないリネン素材のスカートにラップスカートを選んでみるのもおすすめです。
ウエストにボリュームがあるラップスカートなら、少しお腹が気になる女性でも目線をずらせるのでトップスをインしてすっきりとした印象の服装になります。

服装③:膝丈ワンピースを使った、6月下旬のコーディネート。

6月下旬は梅雨に入っている時期で雨も多くなっていますよね。
そんな雨でジメジメ暑いときの服装はワンピース

丈はロングではなく膝丈くらいで、あえて足元が濡れてもいいようにかわいいサンダルを合わせた服装がおすすめです。

服装④:膝下丈スカートでスッキリキレイめ6月下旬のコーディネート。

6月の暑くなる日の服装は、ボーダートップスと膝下丈のスカートで爽やかな服装で決まりです。
ボーダートップスを着ていても、膝下丈のタイトスカートでスッキリした印象に。

30代以降の大人女子におすすめの服装です。

服装⑤:ロングスカートにサンダルを合わせた6月下旬のコーディネート。

リネンのロングスカートにノースリーブを合わせたら、6月下旬の暑い日でも涼しい服装になりますよ。
ロングスカートだけでも背を高く見せる事ができますが、厚底のサンダルを合わせれば足下がスッキリとして垢ぬけた服装に。

バングルなどのアクセサリーをジャラジャラ付ければ、シンプルになり過ぎずおしゃれな服装になります。

パンツコーデ

6月下旬のパンツコーディネートはリネン素材を取り入れたり履いていて暑くなりずらいワイドパンツを使ったコーディネートがおすすめです。
6月下旬の服装におすすめなパンツコーディネートのご紹介です。

服装①:ノースリーブトップスを使った、6月下旬のパンツコーディネート。

6月下旬の暑い日にもデニムを使った服装がしたい日は、トップスは軽い素材のノースリーブがおすすめです。
ノースリーブは二の腕が気になる、という人のためにフリルがついたノースリーブがを選んでみてください。

涼しげな印象があるけど二の腕はしっかりとカバーできる服装になります。

服装②:Tシャツ素材を使った、6月下旬のワイドパンツコーディネート。

ナイロンなどのブラウスは6月の蒸し暑い日に着るとベタベタするから苦手だという人には、Tシャツ素材のキレイめシャツがおすすめです。
ボトムスは軽い素材でできたアンクル丈のワイドパンツでキレイめの服装が完成します。

服装③:オールインワンでスッキリ6月下旬のコーディネート。

6月下旬の暑い日にはオールインワンですっきりとした服装もおすすめです。
オールインワンはフロントボタンのオールインワンを選ぶと首元がすっきりします。

オールインワンの服装の足元はヒールやキレイめの厚底サンダルでお出かけできる服装になります。

服装④:アンクル丈のストレートパンツで6月下旬のコーディネート。

アンクル丈のストレートパンツなら、合わせるトップスはボリュームのある袖がフレアになったトップスがかわいいです。
足元はチャンキーヒールや厚底などボリュームのあるシューズがおすすめです。

服装⑤:オフショルダーのオールインワンを使った、6月下旬のコーディネート。

6月下旬の暑い日のオールインワンならオフショルダーのオールインワンもおすすめな服装です。
レースが施されているオールインワンで女性らしさとキュートな雰囲気になるので20代女子にもおすすめ。

オールインワンはカジュアルな雰囲気になりがちですが、色は暗めの色を選ぶことでシックさが出る服装になりますよ。

<下に続く>

東京の6月におすすめのアイテム3選

6月の服装におすすめな小物アイテム

6月の服装でのコーディネートを考えたときにこれからご紹介するアイテムを持っていると、劇的に快適に過ごせるおすすめアイテムをご紹介します。

おすすめ①:雨の日じゃなくても普段使いできるレインコート

because(ビコーズ) ガウン トレンチ レイン コート 全2色 ベージュ フリーサイズ はっ水加工 収納袋付き フード着脱式 BE-77002
4950円

6月の肌寒い雨の時のアウターにおすすめなのが、トレンチコートとしても使えるレインコートです。
撥水加工がしてあるから雨に濡れても中の洋服を濡らさずに安心。

358gの軽量コートは着ない時の持ち歩きも楽にできまるので、6月はカバンの中に入れておきたいアイテムです。

おすすめ②:さらっとした素材のリネンシャツ

(ユナイテッドアローズ) UBCB リネン レギュラーカラー シャツ 19SS† 15111440091 2930 DK.BROWN(29) 36
16200円

6月の服装で持っていたら快適に過ごせるアイテムはリネン素材のシャツです。
リネンシャツはそのまま着てもノースリーブの上から羽織っても暑さと肌寒さに対応できる優れもの。

リネンシャツは6月だけではなく、9月頃までの暑い時期の服装にも使えるので持っておいて損はないアイテムです。

おすすめ③:雨の日も歩きやすいペタンコのレインシューズ

ZhongJue(ジュージェン) 晴雨兼用 パンプス レディース レイン シューズ きれいめ 雨 靴 梅雨対策 ファッション(23.5ピンク)
3575円

6月は雨が降りそうだけどレインブーツを履いて出かけるほどでもないな、というときにおすすめのアイテムはペタンコのレインシューズ
このレインシューズなら服装を気にせずに履くことができます。

色は雨の日に華やかでかわいい明るい色が雨の日のどんよりした日にもおすすめです。

<下に続く>

【番外編】6月の北海道の平均気温とおすすめの服装

6月に北海道に旅行に行くときの服装をした女性

北海道の平均気温

北海道の札幌の平均気温も見ていきましょう。

札幌の6月の平均気温は16.2℃です。
最高気温は21.5℃で.最低気温は12.9℃でした。

平均気温は東京だと桜が咲く時期の気温と似てますね。
6月の北海道札幌は昼は暑いくらいになる日もあれば、夜は冬並みに寒いので羽織る物は必須です。
更に北海道は湿気が少ないので紫外線の量も多いです。
曇っているからといっても油断はできません。

旅行で北海道に行く際には寒くなった時のことを想定して服装をコーディネートしてみてくださいね。

おすすめの服装

6月の北海道でおすすめのコーディネートの服装を集めてみました。
6月に旅行に行くときの参考にしてみてくださいね。

今回は北海道・札幌の平均気温を参考にしてあります。

服装①:ボーダートップスを使った北海道でのスカートコーディネート。

6月のおすすめの服装は、ボーダートップスを使ったコーデです。
ボーダーを使ったらボトムスは明るい色のロングスカートにしてみると地味になりません。

ボーダートップスは間違えるとカジュアルになりすぎカジュアルになりすぎてしまうので、ボトムスをきちんと選ぶとステキな服装になります。

服装②:シャツを使った北海道でのコーディネート。

6月の北海道は羽織るシャツなどがあると安心。
カーキのシャツの中はTシャツを着ていれば、暑くなったら脱ぐことができます。
シャツはそのまま羽織るのではなく、そでを折り返して手首を出すと女性らしさが出ます。

20代だけでなく30代の大人女子にもおすすめの服装です。

服装③:ロングワンピースを使った北海道でのコーディネート。

6月の北海道の服装はロングワンピースもおすすめです。
色は白やブルーなどの爽やかな色のワンピースがおすすめ。
ワンピース1枚でもかわいいですが、カジュアルにしたいならジーパンやレギンスを合わせてもかわいいですよ。

<下に続く>

6月上旬・中旬・下旬に最適な東京の服装&レディースコーデのまとめ

6月の服装に迷う女性

6月の服装に困った時に選びたい最適な服装のコーディネートをまとめてきました。
6月は梅雨で雨が降りジメジメしていて暑いかと思えば寒くなったり、そして雨が降らない日は気温が上がって暑くなったり選ぶ服装も困ってしまいます。

梅雨の時期の服装のポイントは夏の素材であるリネンを取り入れたり軽やかな素材の服装でコーディネートしていくと暑苦しくならないです。

そして夏に向かうにつれて服装を爽やかな色味に変えたり、小物を明るい色にして行くと季節感があって素敵になります。

ジメジメした季節を明るく快適に過ごせる、こちらの服装のコーディネートを参考にして6月のファッションを楽しんでみてくださいね。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line