Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

Gジャンはダサい?垢抜けるコツ&お手本レディースコーデ10例

Gジャンで、垢抜けるのは苦手意識を持つ人が多いです。
また、Gジャンをどのようにおしゃれに着こなすのかも、分かりません。

実際にGジャンが嫌いな人もたくさんいます。
今回は、Gジャンをどのように着こなせば、格好よく着れるのかを探っていきます。

また、Gジャンを上手く着こなすテクニックをご紹介しましょう。

Large photo 1549649545 b39798cbd9b7
目次

Gジャンがダサいと思われる理由

Gジャンダサい

Gジャンをダサいダサいと言われると、着るのも躊躇してしまいますね。
では、どうしてGジャンは、ダサいと思われるのでしょうか?
その理由についてご紹介します。

  1. Gジャンは時代遅れに感じるから
  2. 野暮ったく見えるから
  3. 骨格や体格に合わないから
  4. ダサいかダサい感じがしないか紙一重だから

理由①:ダサいGジャンは時代遅れに感じるから

バブルの時に着ていたイメージが強くて、ダサい感じと時代遅れな感じがします。
また、はおしゃれアイテムという感じで、流行っていたのかも知れませんが、今はちょっと流行遅れも通り越して、ダサい感じがします。

理由②:野暮ったく感じるから

農業をしたり、酪農をしている人が着ている感じがして、野暮ったく感じます。
デニム素材が、いかにも作業用という雰囲気が否めません。

実際にデニムは、動きやすく丈夫に作られています。
ダサいデニムとダサいデニムのコーデを見るとどうしてもオタクの人たちを連想させてしまいます。

理由③:骨格や体格に合わないから

そもそも日本人の体型に合っていないのか、着ている人を見ても骨格体型に合わないです。
外国人の方が着ているととても格好いいですよ。

全くダサい感じがしません。
一方日本人の体型にそもそもあっていないのか、とてもダサい感じに見えがちです。

顔が大きいからなのか?背が低いからなのか?

理由④:ダサいかダサい感じがしないかは紙一重だから

素敵に着こなしている人を見るといいとは思うけれど、実際に自分が着て鏡で見たらダサいなぁという経験はありませんか?
に掛けたりしている人を見ても、ダサいと感じます。

かなりGジャンて人によってかなり格好よさが違います。

自分がダサい方なのか、ダサい感じがしない方なのか、気になってしまします。
できれば、いけてる着こなしをできたらいいのですが、なかなかGジャンは上級者向きです。

着るならダサい着こなしではなくおしゃれに着こなしたいですよね?
ダサい感じがしないGジャンのおしゃれテクニックを学びたいと思います。

<下に続く>

ダサいを卒業!ダサいGジャンをおしゃれに着こなすコツ

Gジャン

それでは、ダサいGジャンを卒業して、おしゃれに着こなすコツをご紹介していきましょう。
少しのコツをつかめばダサいと思っていたGジャンはおしゃれな服になります。

これを実践すれば、ダサいGジャンも格好よく着こなせますよ!

  1. 髪型が重要
  2. 清潔感を出す
  3. デニムの下の上の服をインかアウト

コツ①:髪型が重要

服装全般に言えることなのですが、髪型は、結構重要なのです。
どうしても、おしゃれにしたいと思った時に、服にプラスした考えがちですが、髪型が大変重要になってくるのです。

例えば、美容師さんやモデルさんたちやおしゃれな人をよく観察見てみてください。
たいていの人が、髪型が可愛いいです。

全くダサい感じがしません。
特にGジャンを着る時は、下ろすよりも髪をまとめてアレンジするのがおすすめです。

また、帽子やイヤリングをつけてもいいでしょう。
一気におしゃれになってダサい感じがなくなります。

コツ②:清潔感を出す。

今年は白のGジャンが流行です。
主流のデニム色だと、どうしても野暮ったく汚くダサい印象を与えがちです。

そんな時は、白で清潔感を出しましょう。
どんなものにでも合わせやすいので、白のGジャンを着ていれば間違いありません。

白のGジャンで一気にダサいGジャンから、卒業しましょう。

コツ③:上の服をインかアウトか

Gジャンに合わせるのは、ボリュームのあるものを選びましょう。
例えば、ガウチョパンツ、ワイドパンツです。

下が、ボリュームがある場合は、上はシンプルに合わせるとバランスがとれるのでいいです。
また、これは基本なので、覚えておくと迷った時に重宝します。

そして、ここで注意しておいて欲しいことがあります。
中に着る服を、インするかアウトするかでかなり変わってきます。

これは、ご自身の骨格タイプによってかなり変わってきます。
間違うとダサいことになってしまいます。
もちろん、インかアウトか、はたまた腰に巻くという方法もあるので、どれがいいか色々試してみて下さい。

コツ④:色

Gジャンのには、様々あります。
「ダサい感じには見られたくない。」と感じるなら、濃いネイビーを選ぶのが簡単です。

また、オフホワイトもおすすめです。

<下に続く>

Gジャンを取り入れたレディースコーデ

Gジャンおしゃれ

それでは、実際にどんなレディースコーデをすれば、ダサいと言われないGジャンを着こなすことができるのでしょうか?

コーデ①:空気感のあるスカートに合わせる

特におすすめしたいのが、この空気感のあるスカートに合わせる方法です。
チュールやレース素材のスカートを選びましょう。

このコーディネートのおすすめポイントは、やはり透け感やふわっと感があります。
エアリーなスカートは、女の子っぽ過ぎてちょっと苦手という方でも、Gジャンを着てください。

一気にすっきりした印象になります。

コーデ②:ボリュームパンツを合わせる

Gジャンに合わせるのは、ボリュームのあるものを選びましょう。
例えば、ガウチョパンツ、ワイドパンツです。

下が、ボリュームがある場合は、上はシンプルに合わせるとバランスがとれるのでいいです。
ボリューム×シンプルは、基本なので、覚えておくと迷った時に重宝します。

コーデ③:インナーをホワイトで統一

インナーもかなり重要です。
Gジャン初心者であれば、インナーを白にするのがおすすめです。

もちろん下もで統一しましょう。
Gジャンを着ることで、よりシャープな印象を与えることができるのです。

それに、かなりほっそりとスタイルよく見えますよ。
とても清潔感があふれます。

コーデ④:スニーカーやブーツで合わせる

靴も重要アイテムです。
スニーカーやブーツであわせれば、カジュアルになります。

コーデ⑤:オーバーサイズにタイトスカートを合わせる

オーバーサイズのGジャンであれば、ピタッとしたタイトスカートに合わせてもいいでしょう。
中の服は、ピタッとしていながら、Gジャンがゆるっとなるので、おしゃれです。

コーデ⑥:着こなしを変えてみる

例えば、襟を立ててみたり、袖を曲げてもかなりおしゃれになります。
しかし、やりすぎは注意ですよ。

一気にダサい感じになってしまいます。

コーデ⑦:ボーダーシャツに白のパンツでこなれ感を出す

中の服をボーダーにして、Gジャンを羽織ります。
下は、白のパンツがおすすめです。

頭にはキャプを被れば、こなれ感がアップします。

コーデ⑧:ロングワンピースとの相性も抜群

ロングワンピースともGジャンを羽織れば、温かいですし、おすすめです。
できれば手首を出すように、Gジャンの袖をまくっておきましょう。

一気に女性らしい印象を与えます。
手首を出さないと、どこか野暮ったくダサい感じなるので、ご注意を!

コーデ⑨:ロングスカートと合わせる

Gジャンと合わせやすいのが、ロングスカートならAラインのシルエットを選びましょう。
女性用のGジャンは、丈が短めのものが多いです。

ロングスカートとGジャンで綺麗なシルエットにしてくれます。
靴は、スニーカーがおすすめです。

かばんは、かご素材のものに挑戦してみてはいかがでしょうか?
とてもカジュアルに仕上がるので、Gジャン初心者でもダサい印象には、なりません。

コーデ⑨:黒のスキニーパンツとのコーデ

インナーは、白で下は、黒のスキニーパンツはいかがでしょうか?
ぴたっとした、服の上にGジャンを羽織ります。
かばんは白にしましょう。

白と黒にGジャンがアクセントになってきいてきます。
髪型は、一つに束ねて手ぐしでしか感じにします。

顔の横に少し垂らしておくのもおすすめです。
カジュアルでスポーティーな感じがします。

コーデ⑩:ロゴTシャツで合わせる

Gジャン初心者におすすめのコーデです。
ロゴTシャツであわせましょう。

下はワイドパンツがおすすめです。
ロゴTシャツは、インにするといいでしょう。

ポイントは、手首を見せるようにしましょう。
Gジャンの袖をまくっておきましょう。

合わせるのが、ローヒールがおすすめです。
ワイドパンツで肌の露出が少ない分、ローヒールで素肌を出しましょう。

<下に続く>

Gジャンはダサい?垢抜けるコツ&お手本レディースコーデ10例のまとめ

Gジャンお揃いカップル

Gジャンが何故かダサい感じに見えてしまうのは、日本人の体格ゆえではありません。
ダサいと思っていたGジャンは、コーデの仕方次第でかなりのおしゃれアイテムになります。

それに、Gジャン以外の髪型であったり、であったりが大変重要なのです。
今回のポイントを参考に1度、チャレンジしてはいかがでしょうか?

あなたも是非Gジャンコーデを楽しんでみて下さい。
案外使いやすくて、お気に入りアイテムに変わるかも知れません!

ダサいGジャンから卒業です!

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line