Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

運がいい人の特徴と運を味方につける毎日の習慣15個

「あの人は運がいい」と感じるとき、ありますよね。
羨ましいし、自分もそうなりたいと思う反面、ちょっとズルいと思ってしまったり。

そもそも運がいい人と運が悪い人の差は何でしょうか。
運がいい人は、生まれつき特別な能力を持っているのでしょうか。

運がいい人の特徴と、運がいい人になる習慣を調べてみました。
ぜひ参考にして、今日から運がいい人になってください。

Large pexels photo 932261

運がいい人の特徴

運がいい人が楽しんでいる

運がいい人って、どんな人でしょうか。
運がいい人の特徴は、以下です。

  1. 自分は運がいいと信じている
  2. 明るい笑顔
  3. 自然体
  4. 過去にとらわれない
  5. 意味づけが上手
  6. ヘンな人とつき合わない
  7. 応援される
  8. よく道を聞かれる
  9. 机の上とバッグの中がスッキリしている
  10. どんなことも「学び」と捉える

特徴①:自分は運がいいと信じている

「幸運とは自分が運がいいと信じることだ」
これはアメリカの劇作家、テネシー・ウィリアムズの名言です。

実際、運がいい人は「自分は運がいい」と思っています
「運がいいから、駐車場で良い場所が空いていた」「りんごを買おうとしたら1個だけ残っていた。運がいい!」という調子です。

駐車場もりんごも「普通のこと」と捉える人は、普通の人です。
運がいい人の特徴はポジティブに捉えるのが上手なことです。

特徴②:明るい笑顔

笑顔は伝染します。
明るい笑顔の人の周りには、人が集まります。

学生時代、いつも笑顔の先生と不機嫌な先生がいたら、笑顔の先生に話しかけていませんでしたか?
みんな笑顔の人に惹かれるのです。

「笑う門には福来る」ということわざは本当のことで、明るい笑顔は幸運を呼びます

特徴③:自然体

運がいい人は、人に好かれようと思ったり、媚びたりしません。
いつも自然体なのが特徴です。

運がいい人はそもそも自分が人から見てどう思われているのか、興味がありません。
人に好かれたい、好かれようと考えていないので、人目を気にした言動をしません。

自然体の人と一緒にいると心地良いので人気があり、人が集まって来ます。
人が集まるとますますパワーアップして、運がいい人の運気もさらに上昇します。

特徴④:過去にとらわれない

運がいい人は、問題が起こっても過去に原因を求めないし、過去のせいにしません。
失敗しても「あのときこうだったから」「もっとこうしておけば」と考えずに、ただの経験と捉えます。

運がいい人は過去なんてどうでもよく、今ここ目の前で起きていることにしか興味がありません。
目の前のことに集中しているので、たまたま訪れたチャンスもヒョイとつかんでしまいます。

特徴⑤:意味づけが上手

運がいい人は自分が楽しくなれるように、出来事の意味づけ(解釈)をします。
例えば飼い犬が床に粗相をしてしまったという事実に対して「これを機会にフローリングの掃除ができて良かった」と思うのです。

車が故障してしまったら「修理が終わるまではウォーキングを1日1万歩達成しよう」と目標にします。
いかにも運がいい人の思考という感じがしますね。

特徴⑥:ヘンな人とつき合わない

運がいい人はヘンな人とはつき合いません
業務連絡はにこやかにこなしても、必ず距離をとって、個人的に話したり食事に行ったりしません。

ヘンな人とは、一緒にいて嫌な気持ちになる人のことで、すぐに人の悪口を言う人やズルい人、平気で人を傷つける人です。
一緒にいて不愉快なだけでなく「朱に交われば赤くなる」のことわざ通り、自分もヘンな人になってしまう可能性があります。

特徴⑦:応援される

「一生懸命頑張っていると、いろんな人がいろんなチャンスをくれます。でも一生懸命頑張らない人には、何もチャンスは来ません」
これはバルセロナオリンピック女子マラソンの銀メダリスト・有森裕子の名言です。

運がいい人は、何もせずに運に味方をされているわけではありません。
頑張りを認めて応援してくれる人のパワーでチャンスをつかみ、結果を出してさらに応援パワーが増えます。

人から応援されることは、運を集めます。
運がいい人は、人が応援したくなるくらい一生懸命努力をします。

特徴⑧:よく道を聞かれる

外を歩いていて、よく道を尋ねられる人はいませんか?
声をかけやすい雰囲気もありますが、運がいい人はよく人から声をかけられます

運がいい人はエネルギー値が高いので、人を吸い寄せます。
運がいい人のお店が繁盛するのも同じ理屈で、エネルギー値の高い人のところに人が集まります。

道を聞かれたら、笑顔で教えてあげましょう。
人に与えたエネルギーは、違う形で必ず返ってきます。

特徴⑨:机の上とバッグの中がスッキリしている

運がいい人は、持ち物が少なくスッキリと整理整頓されています。
たくさんの物をごちゃごちゃと溜め込むことはしません。

机の上は仕事スペース、言い換えれば仕事の縮図です。
散らかっていたり余計なものが山積みになっている人は、仕事も同じような状態になっている可能性が高いですね。

バッグは家の縮図で、自分にとって必要最低限な持ち物が分かっている人はスッキリしています。
運がいい人は持ち物が少ないぶん管理しやすく、行動も素早く、ますます運がよくなります。

特徴⑩:どんなことも「学び」ととらえる

運がいい人は、失敗したり不運なことが起きても、それを学びと捉え、次回からの教訓にします。
いつまでも不運に浸って悲しんだり、不平不満や愚痴を言い続けたりしません。

起きてしまった出来事は、仕方がない。
自分にとって意義のあること(学び)を見出したら「名前を付けて保存」して、終了します。

出来事を「学び」と捉えるか「不運」と捉えるかが、運がいい人と悪い人の違いです。

<下に続く>

運がいい人になるための習慣

運がいい人がトイレ掃除

運がいい人になりたいですね。
運が良くなる習慣をご紹介します。

  1. 毎朝トイレ掃除
  2. 感謝する
  3. いつも笑顔
  4. 寝る前に「GOOD&NEW」
  5. 部屋を掃除する
  6. 楽しいことをする
  7. 運のいい人とつき合う
  8. 人を褒める
  9. とにかく行動!
  10. 自分の感情に素直になる
  11. 困っている人を助ける
  12. 人目を気にしない
  13. 好奇心を持つ
  14. シンプルな決断力
  15. あきらめる

習慣①:毎朝トイレ掃除

運(特に金運)がいい人のトイレはとても清潔で、隅々までピカピカです。
朝起きてトイレに行ったついでに、掃除を習慣にしている人が多いです。

毎日掃除をすれば、洗剤を使わなくてもきれいに保つことができ、しかも短時間で済みます。
所要時間は5~10分くらいなので、ぜひ毎朝行ってください。

便器はもちろん、タンクや壁、床を水拭きします。
トイレに神様がいるというのは本当で、世界中のお金持ちのトイレはいつもピカピカです。

習慣②:感謝する

運がいい人になりたかったら、いつも何にでも感謝する習慣を身につけましょう。
通勤で満員電車に乗る時も、嫌な気持ちがありつつも「電車で行けて有難いな」と思うのです。

電車の中で誰かに場所を譲られたり、気配りをしている人を見かけたら「良いことに出会えてラッキー」と思います。
心の底がじんわりと温かくなるのを感じたら、それは「感謝」です。

感謝をすると「自分は何て幸せに囲まれているんだろう」と幸福感が増します。
「ありがとう」の言葉は魔を祓うと言われていて、運がいい人になる近道です。

習慣③:いつも笑顔

運がいい人になるには、笑顔を絶やさない習慣です。
一日中ほとんどを笑顔で過ごせば、顔の筋肉が「笑顔」を記憶して、運を呼ぶ魅力的な表情になります。

最初は作り笑いで良いので、口角を思い切り上げて笑ってみてください。
口角が上がると副交感神経が優位になりリラックスして、楽しい気持ちになります。

笑顔は運気を上げると先述しました。
さっそく今から笑顔の習慣をはじめて、運がいい人を目指しましょう。

習慣④:寝る前に『GOOD&NEW』

「GOOD&NEW」を知っていますか?
アメリカの教育学者ピーター・クラインが開発したゲームで、学校教育やビジネスで使われます。

やり方は簡単で「24時間以内に自分に起きた良いことや新しいこと」を話す、または紙に書くだけです。
それだけで、どんなことでもプラスの思考に変える習慣が身につくというから、すごいですね。

「GOOD&NEW」を夜寝る前に3つ書き出すのを習慣にしてください。
「朝ちゃんと起きられた」「友達が旅行のお土産をくれた」「カフェの新メニューを試食した」など、何でも良いのです。

幸せな眠りにつけますし、運がいい人にもなれるし、いいことだらけの新習慣です。

習慣⑤:部屋を掃除する

運がいい人になるには、まずは掃除です。
部屋はその人の思考を表しているので、部屋が整頓されていない人は思考も散らかっていてまとまりません。

掃除をする場所を曜日ごとに決めて、きれいな状態をキープしましょう。
月曜日は玄関、火曜日はキッチン、水曜日はリビングという感じです。

掃除をすると心のホコリもとれて思考がクリアになり、運気もアップします。
ちなみにトイレ掃除は毎日ですから、お忘れなく。

習慣⑥:楽しいことをする

運がいい人は、毎日楽しい時間を過ごしています。
楽しいことをすると、エネルギー値が上昇してワクワクウキウキします。

このワクワク感は生活の流れを変えて、連鎖反応のように楽しいことが次々と起こします。
「好きなことがわからない」という人は、お金も時間も地位も体力もあったら何をしたいかを想像してください。

自分で見つけて、自分で楽しい毎日にして、運がいい人になりましょう。

習慣⑦:運のいい人とつき合う

手っ取り早く運がいい人になるには、男女問わず運がいい人とつき合うことです。
運がいい人と悪い人がつき合った場合、より強いほうに同化します。

つき合っているうちに、だんだんその人のようになっていきます。
だから長年一緒に暮らしている夫婦は、似ている人が多いですね。

「その人みたいになりたい」と思う人とつき合うと、運気も上がる自分もレベルアップします。
運がいい人は、自分が尊敬できる人としかつき合いません。

習慣⑧:人を褒める

運がいい人は、他人をよく褒めます
仕事相手でも家族でも、相手の良いところを探すのが上手なのが特徴です。

褒められたり感謝されると「認めてもらった」「役に立った」と感じて、満たされた気持ちになります。
満たされた気持ちはプラスの行動となって、褒めた人や周囲の人にもたらされます。

習慣⑨:とにかく行動!

運がいい人は行動力があり、とにかくフットワークが軽いのが特徴です。
よく働く人に運がめぐってくるのは、行動力によることが多いのです。

行動をやめるとエネルギーが停滞してしまいます。
エネルギーを発しなくなると、すべて遮断されてしまうため、運気もストップします。

運がいい人になりたければ、まずは動いてください。
おすすめは掃除勉強で、目標を決めてとにかく行動することです。

習慣⑩:自分の感情に素直になる

運がいい人の特徴は裏表がなく、とにかく素直です。
嬉しい時は「嬉しい!」と、楽しい時は「楽しい!」と子供みたいに率直に言います。

自分の感情に素直になれないのは「相手に嫌われたら怖い」気持ちがあるからです。
「嬉しい」「楽しい」などポジティブな感情はともかく「悲しい」「寂しい」などネガティブなことを言うと、嫌われてしまうかもしれない…。

そんな心配は不要です。
感情を抑え込んで運気を下げるよりも、素直に出して運がいい人になりましょう。

習慣⑪:困っている人を助ける

欧米では、運がいい人や成功者は必ず慈善活動をしています。
マイクロソフト会長のビル・ゲイツが世界最大規模の慈善基金団体を創設したことは、有名ですね。

困っている人を助ける、惜しみなく与えると、廻り廻って返ってきます。
それに伴って、周りの人の運も良くなります。

ビル・ゲイツ級はとても無理ですが、できる範囲で困っている人に手を貸してみましょう
道を譲ってあげる、落とし物を拾ってあげる、寄付をするなど、必ず豊かな運が廻ってきますよ。

習慣⑫:人目を気にしない

運がいい人は「人からどう思われるか」「人に嫌われたくない」などとまったく考えません。
「自分がしたいことをする」だけを考えているのが特徴です。

だから先述の慈善活動や多額の寄付をするのです。
「嫌な奴だと思われたらどうしよう」(誰も思いません)「そんなことをして嫌われたくない」(寄付くらいで嫌いません)と人目を気にするうちは、まだまだです。

自分が思う程、人は他人のことを気にしていないし、注目もしていません。
人目を気にせずのびのび行動することが、運がいい人に近づく第一歩です。

習慣⑬:好奇心を持つ

運がいい人は、年齢を重ねても好奇心旺盛で、いろんなことにチャレンジしています。
自分が興味を持ったことに対して「面白い!」「自分もしてみたい」と、自分の感情に素直です。

運がいい人になるには好奇心を忘れずに、ふだんからいろんなことに興味をもつように心がけましょう。
「何か楽しいこと(面白いこと)はないかな?」といつもアンテナを立てているので、楽しいことや運も、飛び込んで来ます。

習慣⑭:シンプルな決断力

運がいい人は、決断が早いのが特徴です。
「どっちがいい?」と聞くと「こっち!」と何のためらいもなく即決です。

決断できない人は「こっちを選ぶと〇〇だし、こっちだと△△だし、どっちも一長一短だ」と、いろいろ考え過ぎる傾向があります。
運がいい人はそこで素の自分に立ち返り「で、自分はどっちが好きなんだっけ?」と素直に仕切り直すのが上手です。

運がいい人になる練習は、まずレストランのメニューを素早く選ぶことから始めましょう。

習慣⑮:あきらめる

運がいい人になる最終段階は、あきらめることです。
問題から逃げることではなく、いろいろ考えて行動して、自分ができることは全部したうえで、もうあきらめるのです。

あとはなるようになる、と覚悟を決めてジタバタしないことです。
手の打ちようがないことにジタバタしたり悶々とする状態は、とても苦しいです。

無駄な苦しみは味わう必要がないので、手放しましょう。
運がいい人は執着しません

<下に続く>

運がいい人とは「自分は運がいい」と信じている人

運がいい人は自分を信じる

運がいい人とは「自分は運がいい」と信じている人です。
本当にただそれだけです。

生きていれば、誰にでも同じくらい、いいことも悪いことも起こります。
運がいい人にはいいことが多く起こるわけではありません。

それでは運がいい人と運が悪い人の分かれ目は何でしょうか?
悪いことが起きた時に「どうしてこうなったんだろう」「あのときこうすれば良かった」とクヨクヨ囚われるのが運が悪い人、「勉強になって良かった」とさっさと次のステージに行くのが運がいい人です。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line