Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/01/28

30代女性の婚活は厳しい?手遅れになる前に婚活を上手く進める方法

30代になって周りはだんだん未婚の人が少なくなってくる、そして友人たちが出産したという話をちらほら聞くようになる。毎日楽しいけど、そろそろ私も本気で婚活しようかな?でも30代での婚活開始はもはや遅い?30代からの婚活の現実と理想の人に出会うためにはどうしたらいいのか、何に気を付けたらいいのか、そんな30代からの婚活についてご紹介します。

Large 20
目次

30代女性の婚活の現状

30代婚活女性の現実

30代の未婚女性が集まれば、恋バナや「婚活」については結構な比率で話題になりますよね。
周りを見渡せば、結構30代女性で独身の人がいるような気がします。

でも、地元の同級生達はけっこう早めに結婚して意外と30代で独身の女性や婚活中の人は少ないかも?
実際30代女性の未婚率ってどれくらいなのでしょう?

平成27年の国勢調査の結果
を見てみると、未婚率は30歳から34歳までの女性で34.6%、35歳から39歳までの女性で23.9%となっています。
ここからは30代女性の婚活の現実や注意点、おすすめの結婚相談所までご紹介していきましょう!

<下に続く>

20代と30代の婚活の違い

20代と30代の婚活の違い

20代と30代の婚活は何が違うのでしょうか。
20代、と聞いてどう感じますか?

20代というのは「若い」ということでは自他共に感覚に相違がありません。
ところが30代、となると「まだ30代」「もう30代」と同じ30代でも、自分と他人、また人によって持つ感覚が異なります。

ここが20代の婚活と30代の婚活の大きな違いで、この微妙なズレが小さなきっかけで大きなズレに発展していってしまうのです。
ちょうど30代というのは人生の若手からベテランへの中間地点なので微妙な位置づけだということですね。

<下に続く>

30代婚活女性が厳しいとされる理由

30代婚活つらい現状

では、30代の女性の婚活が厳しいとされる理由についてみていきたいと思います。

理由①:20代と戦わないといけない

婚活市場は自分の年齢が上がれば上がるほど、より強力なライバルが増えてくるという構造ですので、本気で結婚したいならなるべく早くその戦場から脱出する必要があります。
なぜなら、婚活に時間がかかればかかるほど自分より若い女性がどんどん婚活市場に参戦してくるからです。

出会いの場では、前半は自己紹介を含めて参加者全員と1回は話ができるようにセッティングされているところがほとんどです。
1対1で話している時は、「キレイですね」とか、年齢を伝えても「見えない!」と、いい気持ちにさせてくれますが、そんなのはもちろん社交辞令です。

いざ、後半のフリートークになった時に男性が群がっているのは目を引く美人ではなく、20代の若い女性のところです。
30代女性が婚活の対象とする30代の男性ほど20代の女性に行ってしまうのです。

理由②:自分の年齢をうまく受け入れられない

自分の年齢をうまく受け入れられない、というのも30代女性の婚活が厳しいとされる理由の1つです。
30代なりたての頃は、自分が30代になったことや男性からの見え方や扱われ方がどう変わったのかということを実感としてなかなか受け入れることができません。

これが難しいところで、誕生日がきて29歳から30歳になった、たった1日それだけで、急に年を取ったような感覚になるのです。
年齢だけで扱い方が変わるのがいいか悪いかは置いておいて、これは本人も男性も一緒です。

口では、あーあ、30代になっちゃったと言いつつも、昨日まで20代だった、ということで気持ちは20代のままなのです。
だから周りからの扱われ方の若干の変化をなかなか受け入れることができないのです。

<下に続く>

婚活が上手くいかない30代女性の特徴

30代婚活女性うまくいかない特徴

30代女性の婚活が厳しい、そうはいっても30代で婚活を始めている人全員が上手くいっていないわけれはありません。
では、婚活が上手くいかない人ってどんな人なのでしょうか。

  1. 高望みしている
  2. 客観性がない
  3. 焦りすぎて空回りしている

特徴①:高望みしている

まず1つめの原因は「高望みしている」ということです。
本人はそのつもりはないかもしれませんが、実は周りから見たら高望みしているように見えるかもしれません。

「30代とは言っても学生時代は彼氏が途切れたことないし、ちやほやされてきたから大丈夫。」「結婚はしたいけど、焦って変な人をつかんだ、って思われたくない」「自分より学歴が下の人は絶対に嫌だ」というような思いを持っています。
つまり、彼女達なりのプライドが邪魔をして、男性に求める条件を下げることができない結果、周りからの判断として、高望みしている、ということになっているのです。

高望みに関して、婚活している本人には自覚はほとんどないのでなかなか改善できない所です。

特徴②:客観性がない

高望み、と少し関係しますが、婚活がなかなかうまくいかない原因として、「客観性がない」ということが挙げられます。
30代というのはなかなか自分の変化を受け入れにくい年代だ、ということは先述の通りです。

元々見た目が良い女性であれば特に、20代の見た目が普通の女性よりも30代なりたての美人の方がモテてしまったりするので、そのままの感覚をひきずってしまうのです。
ある時から30代後半の美人よりも20代の普通、に男性の考えがシフトしていることに気づかないまま30代後半に突入、そして婚活継続、となってしまうのです。

特徴③:焦りすぎて空回りしている

婚活を始めた30代前半の頃は出会いの場も、遊びに行く感覚で楽しめていたのに、いつしか周りがどんどん結婚していって、気づけば周りは婚活をしている人だらけ、という現状。
そしてその婚活市場に20代もたくさんいるので、勝ち目がないのでは?と、どんどんネガティブ思考に陥って空回りしてしまう。

そうなると、出会う人出会う人「きっとこの人だ!」と必要以上にアピールしてしまったり、しつこくして男性から引かれてしまったり、自分に少しでも好意を示してくれた人なら誰でも、と言わんばかりに付き合い始めたりして、結局時間を無駄にしてしまうのです。

<下に続く>

30代婚活女性の辛い現実

30代婚活女性つらい思い

実際に30代の婚活女性は、婚活の日々をどう感じているのでしょうか?

  1. 親からのプレッシャーがきつい
  2. 年齢が壁
  3. 自信を無くしていく
  4. どんな人がいいのかわからなくなる
  5. 周りがライバルに見えてくる
  6. 心に余裕がなくなる
  7. 婚活は意外とお金がかかる

現実①:親からのプレッシャーがきつい

30代は一番親からの結婚に関する関与度が高くなるタイミングです。
顔を合わせれば「いい人いないの?」「結婚しないの?」と言われ、自分なりに一生懸命婚活していることを伝えても、なかなか理解してもらえず「行き遅れ」というレッテルを勝手に貼られてしまうのです。

婚活をしているということは本人にも結婚したい、という希望があって頑張っているので、一番不安で焦っているのは本人です。
そこにさらにプレッシャーをかけられては「私ってヤバいんだ」と本人の危機感をさらにあおり、劣等感を感じさせて心理的に追い詰めてしまいます。

現実②:年齢が壁

30代前半の頃は特にそんなことはなかったのに、いつしか合コンのお誘いの声がかからなくなる、合コンに行っても男性を含めて自分が一番年上、等の変化を感じるようになります。
お見合いパーティーなどは明確に女性は34歳まで、と書いてあるものがあったりしてどんどん年齢で行動が制限されてきます。

元々年上希望で婚活をしている人はなおさらです。
自分より年下の20代のライバル女性は増えていくのに、自分が出会いたい年上男性はどんどん減っていくのです。

現実③:自信を無くしていく

30代も後半に差し掛かり、婚活が長引いてくると多くの人が自信を無くしていきます。
こんなに婚活を頑張っているのに、うまくいかないのは私に魅力がないからだ、とどんどん悪い方向へ考えてしまいます。

そしてその自信のなさが見た目や会話にも出てきて「どうせ私なんて、」「私なんておばさんだから」等のネガティブ発言をするようになっていくと、さらに出会いは遠のいていきます。

現実④:どんな人がいいのかわからなくなる

婚活が長引けば長引くほどどんな人がいいのかわからなくなる、というのはよく30代の婚活女性が陥ることです。
「いい人いないかな」となんとなく婚活を始めたからこそ、どんどん希望するような相手は婚活市場からいなくなり、ライバルばかりが増えてくると、もう誰もいない!と不安になるのです。

そして、もう誰もいない!→だれでもいい!と思考が変化して、とりあえず付き合ってみますが、当然それも長続きしません。
そうなると、もうどうしたらいいかわからない!どんな人がいいかわからない!と負の連鎖に陥ってしまうのです。

現実⑤:周りがライバルに見えてくる

婚活をスタートした30代前半の時はパーティーでいい人がいたら「あの人素敵だったね」と友人と共有できていたのに、30代後半にさしかかって余裕がなくなってくると、他の人にはあの人のことを知られたくない!取られたくない!とライバル心むき出しになってしまいます。
そういった心理面の変化は本人が気づいていなくても周りは敏感に感じ取ってしまうので、婚活中に友情に亀裂が、ということにもなりかねません。

現実⑥:心に余裕がなくなる

ご説明してきた通り、30代の婚活は婚活が進めば進むほど心の面で大きく変化してきます。
つまり、心の余裕がなくなるのです。

心の余裕をなくしてしまうと、婚活だけではなく、プライベートや仕事面でも影響を及ぼしてきます。
イライラしたり、だれか結婚する、出産するという報告を受けた時に素直に祝ってあげられなかったり。

そしてそんな自分に嫌気がさしてしまうのです。

現実⑦:婚活は意外とお金がかかる

そして、婚活を始める時に見落としがちなのが婚活には意外とお金がかかる、ということです。
本気であれば本気であるほど、お見合いパーティーにでかけたり複数の結婚相談所に入会したり。

そういったお金はもちろんのこと、例えばパーティーだったらそのための服や靴、等、付随してくる出費がなかなかばかになりません。
そして婚活が長引いて30代の後半に差し掛かると、より一層数打ちゃあたる戦法になりがちでその出費は膨らんでいきます。

<下に続く>

30代婚活女性に対する男性の本音

30代婚活男性の本音

では、30代の婚活女性に対して男性はどう思っているのでしょうか?その本音についてご紹介します。

  1. 魅力があれば年齢はあまり気にならない
  2. 必死すぎて引いてしまう
  3. もっと現実を見て欲しい

本音①:魅力があれば年齢はあまり気にならない

「女性は20代がいい!」という人じゃなければ、年齢それだけで恋愛対象から外れてしまう、ということは少ないと思います。
とはいえ、たまに合コン等で自己紹介の後に年齢を聞いて回ってあからさまに態度を変える男性や、「女性は20代だよね」などと公言してしまう人っていますよね。

その場ではイラっとするかもしれないし、傷つくかもしれませんが、世の中にはいろいろな人がいます。
そういう人はほっといて年齢や外見ばかりを気にしない、内面を見てしっかり向き合ってくれる男性を探しましょう。

実際のところ年齢よりも「自分に合っているかどうか」「一緒に楽しく過ごせるかどうか」等を重要視している男性が多いので、あまり過度に気にする必要はありません。

本音②:必死すぎて引いてしまう

出会ってすぐにLINE等の連絡先の交換を要求してきたり、連絡先を交換したらしたで頻繁に連絡してきたりするのも男性がちょっと困ってしまう要因の1つです。
そしていざデートをしたり、付き合い始めても結婚や将来のことばかり語るようだと男性からしてみれば重い、焦っていると思われて引かれてしまうようです。

もちろん男性かも、30代の女性の多くが婚活をしていて、ある程度の気持ちはわかってくれていると思いますが、結婚したい!という気持ちをあまり全面に押し出すのはやめた方がよさそうですね。

本音③:もっと現実を見て欲しい

30代の余裕をなくしかけている婚活女子に対して、男性たちは婚活に焦る気持ちに理解を示しつつも「もっと現実を見て」と思っています。
婚活女性は、とりあえずのゴールが結婚になっているのでとにかく結婚相手に条件ばかりを求めます。

女性にも男性にも選ぶ権利があるので、それはそれでいいのですが、本当にそんなあなたが望む条件全てを満たしている人がまだ残っているのか?ということを冷静に考えて現実を見てください。
なにもむやみやたらに妥協しろとは言いません。

絶対に譲れない条件は何なのか?そして自分が今置かれている状況を年齢、婚活市場における価値を含めて冷静に現実を見て欲しいと思っているのです。

<下に続く>

手遅れになる前に!30代女性が婚活を上手くいかせる方法

30代婚活うまくいかせる方法

いつか結婚したい、できれば30代のうちに結婚したい!とリミットを設定している女性が30代のうちに婚活を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか。

  1. 具体的なイメージを持つ
  2. 視野を広げてみる
  3. 婚活だけではなくいろいろなことにチャレンジする

方法①:具体的なイメージを持つ

婚活や彼氏探しを始めた時についつい言ってしまいがちなのが「誰かいい人いないかな?」です。
身に覚えはありませんか?

いい人ってどんな人ですか?何が「いい」人ですか?
もし本気で、あなたがいういい人に出会いたいのであればその条件やイメージ像は具体的であれば具体的であるほど、周りの人は探しやすくなりますし、そういう人が実際にいた場合は、すぐあなたに紹介しよう!となるはずです。

でも、気を付けなくてはいけないのが、あくまでもイメージを具体的にする、ということです。
イメージを具体的にする、ということをたくさんの条件を出して条件を厳しくするという風に間違って理解してしまうと、余計に婚活の難易度を上げてしまうことになりますので注意が必要です。

方法②:視野を広げてみる

もしあなたが結婚相手を探したい、と思っているのであれば自分の条件ばかりを押し付けるのではなく、出会った人のいい所を見つけて、その人と過ごす未来をちょっと想像してみましょう。
例えば、年収は自分の希望よりも少し足りないけれどやさしそうな人で家事が得意だから、一緒に働いて家事も子育ても分担してくれそうだからなんとかなりそうかな、とか想像力を働かせてみましょう。

もちろん無理やり、自分があれとこれとあれを我慢したらなんとかなりそう、というような、いい未来をイメージするのではなくて、その人との将来が浮かぶかどうか、その時にあなたが妥協すべきところをあなたの心がどう感じるかを大事にしてください。
減点方式、チェック項目式で相手を判断していたらなかなか婚活で成功することはできませんよ。

方法③:婚活だけではなくいろいろなことにチャレンジする

もし、合コンでもお見合いパーティーでもいい人に出会えなくて30代も後半に差し掛かってきた、婚活に疲れた、と思うなら無理に婚活を続ける必要はありません。
自分の気持ちにウソをついて無理して婚活を続けてもいいことはありません。

妥協しすぎて結婚した挙句、短期間での離婚、となってしまってはもったいないですからね。
そういう時は、婚活からちょっと離れてリフレッシュもかねて、興味のある色々なことにチャレンジしてみましょう。

婚活からちょっと離れてみることで、冷静に自分は本当に結婚したくて婚活していたのか等、色々気づくことがあると思います。
そして、意外と婚活を離れたところで出会う人と運命の出会いをしてしまうかもしれません。

<下に続く>

30代の婚活女性が20代と差を付ける方法

30代婚活20代と差をつける

30代女性は、婚活市場で20代には勝てないのでしょうか?
そんなことはありません。

20代には20代の武器、30代には30代の武器があるので安心してください。
30代の武器は、豊富な経験による余裕です。

仕事であればそれなりのキャリアを築いているので、仕事だけで毎日いっぱいいっぱい!という状況から抜け出して精神的にも余裕が生まれる頃です。
余裕と言えば、金銭面でも同じです。

20代よりもお給料が高くなっているかもしれませんし、貯金もできているはずなので、結婚しても男性だけに生活を押し付けなくてすむ、お互いいい意味で自立したパートナーとして歩めるというメリットがあります。
30代、という年齢を気にするかもしれませんが、30代後半になると、より生活や心の余裕が出てきますよ。

<下に続く>

30代独身女性が婚活するときにやってはいけないこと

30代独身やってはいけない

30代独身女性が婚活をする上でやってはいけないことはどんなことがあるのでしょうか?大きく3つご紹介します。

  1. 周りと比べることを
  2. 婚活にかこつけて散財
  3. 自虐しすぎる

やってはいけないこと①:周りと比べること

婚活をしているとどうしても周りと比べがちです。
あの子の方が若い、あの人の方がスタイルがいい、様々なことで自分がその人よりも上か下か、選んでもらえるかどうかで判断してしまいがちです。

でも忘れないでください。
30代だからって別に「選んでもらう」ばかりではなく、あなたが男性を「選ぶ」んです。

周りと比べることの一番悪いことは、人をチェック項目1つ1つの優劣、勝ち負けでしか見れなくなっていくことです。
そうすることで、知らず知らずのうちに自分から出会いの幅を狭めていたり、実は隠れた大きないい所を見逃してしまうかもしれません。

やってはいけないこと②:婚活にかこつけて散財

婚活は意外とお金がかかる、ということはお話しましたが、だからと言って婚活にかこつけて散財してはいけません。
もちろん、相談所に入会するならお金がかかるでしょうし、パーティーに行くなら会費もかかります。

でも、1回1回本当にそこに行くべきなのか、その経費は必要なのかということを冷静に判断していかなくてはいけません。
もし30代前半から婚活が30代後半にまで長引いたら?お金は続きますか?

また、いい人に出会えたとしても婚活で貯金は全部使ってすっからかん!という女性に対して、相手の男性はどう思うでしょうか?
無計画で浪費家、そう思われても仕方ありません。

婚活を始めると婚活中心の生活になっていきます、そして真剣になってネットで情報を検索して、婚活ブログなんて見つけてしまったら、ブログの中で婚活成功者が行ったことを全てしたい!と思ってしまうかもしれません。
でも、人生は婚活だけではない!ということを忘れてはいけないのです。

やってはいけないこと③:自虐しすぎる

20代の年齢に対する自虐は笑いのネタとして周りも笑いで反応しやすいのですが、30代のましてや婚活女子、そして30代後半の婚活女性の年齢や自分に対する自虐は周りを困惑させるだけです。
本人は20代の時と変わらない感覚で、笑いの提供ぐらいのつもりで言っているのでしょうが、周りを戸惑わせてはいけません。

その点でも自分が30代であること、婚活中であること、という状態が周りからどう見えるかというのを客観的に想像しなくてはいけません。

<下に続く>

30代の婚活女性におすすめの結婚相談所

30代の婚活おすすめ相談所

おすすめ①:ゼクシィ縁結びカウンター

結婚と言えばゼクシィですよね。
大手が運営している、それだけで変な心配はなさそうで安心して利用することができそうです。

特徴としては、専任のマッチングコーディネーターが、約6万人の中からマッチングで探してくれる、という人数のボリュームと支店が全国にたくさんあることです。
全国に支店があることで、地元に帰りたい、となっても対応できそうです。

またニーズによって3つのプランから選べるところも魅力の1つです。
あなたの希望に合った金額、サービスのプランを探してチャレンジしてみるのもよいでしょう。

おすすめ②:楽天オーネット

楽天オーネットも大手がやっているということで安心感はばっちりです。
大手がやっているということで多くの人が登録しているので、お相手の候補者数も最大級、かつ全国に支店があるのでゼクシィと同じく、地元で結婚したいな、とかちょっと幅を広げてみよう、と思った時に対応しやすいので出会いやすいでしょう。

他の相談所との違いは、自宅で自分で相手を検索できること。
IT企業がやってるところっぽいですね。

そして、自分で探したお相手を申し込みができることです。
紹介もしてもらいつつ、自分からも積極的に探す、ということができるのがおすすめです。

おすすめ③:マッチメーカーズ

ここは前で紹介した2つと違って、大手ではありませんし新しいサービスですが、内容とサポートがしっかりしているのでおすすめです。
そして何より、登録料や初期費用、月々の会費やお見合い料金がかからないという成果報酬型のサービスなので気軽に始められそうです。

そして、1人1人に合ったお相手を探すべく、登録している人からはもちろんのこと、担当者がその人のつてをたどって登録していない人からも広く探してくれる、というアットホームなところも魅力の1つです。
大手に登録しているけどもっと親身になって聞いてほしい、探してほしい、というよう人にもぴったりなサービスです。

<下に続く>

30代の婚活を絶対成功させて幸せになりましょう!

30代の婚活成功!

30代の婚活は自分だけの問題ではなく、大変なことがたくさんあると思います。
自分ではどうしようもない年齢のことで「なんで?」と理不尽に思うこと、悲しいこともたくさんあるでしょう。

でも30代での婚活は悪いことばかりではありません。
ご紹介した通り、20代よりも生活や経済も余裕がある、という強みもたくさんあるんです。

もし婚活が上手くいかなくても、時にはちょっと休憩してみる、もしくは頑張ったんだから仕方ない、と思うくらいがちょうどいいのかもしれません。
婚活自体を楽しむくらいの余裕で、素敵な出会いを見つけて幸せになりましょう!

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line