Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/01/10

年下彼氏に結婚を意識させる方法とベストなタイミング

プロポーズは男性からして欲しい…こう思う女性は少なくないでしょう。
女性からのプロポーズもありですが、年下彼氏の場合は年齢の壁などもあり言い出しにくいものです。

どうしたら年下彼氏に結婚を意識してもらえるのか?
そのコツやポイント、聞きたくても聞けない年下彼氏の本音を大公開します!

Large pexels photo 580677
目次

年下彼氏と結婚するメリット・デメリット

年下彼氏との結婚のメリットを実感する女性

メリット

女性が年下彼氏と結婚するメリットは多いと言えます。
年齢差にもよりますが年が離れている分人生経験も豊富で、結婚後も年下彼氏から尊敬されたり尊重したりされやすい傾向があります。

もちろん女性も年下彼氏を立てられることが前提ですが、お互いを思いやれるのがいいところです。

年下彼氏と一緒にいると、若い人の影響を受けやすいので女性がいつまでも若々しくいられるのもメリットと言っていいでしょう。
年下彼氏に合わせて結婚後も、常に刺激を受けポジティブになれるのは女性にとっても嬉しいことです。

デメリット

年下彼氏のとの結婚は、何年経っても女性の方が年上という事実があります。
最初は良くても、数年後に女性が老いや衰えを感じるようになったとき、若い年下彼氏との結婚では、常に年齢差を思い知らされることに。

年齢差が少なければ気にならないことも、年齢差が多いほど会話が合わないなどジェネレーションギャップを感じて寂しくなってしまうこともあります。

自分たちは気にしないとしても、周囲は年下と結婚したことを話題にすることもあるので、なんとなく世間の目が気になってしまう人もいるでしょう。

性格にもよりますが、年下彼氏が頼りなく思えてしまい、結婚したことを後悔したり不安になったりするというケースもあります。

<下に続く>

年下彼氏の結婚に対する本音

彼女との結婚の本音を隠す年下彼氏

では、年下彼氏の結婚に対する本音をみていきましょう。

  1. 経済的格差の不安
  2. 頼ってもらえているか不安
  3. 周囲に反対されるのでは?
  4. 過去の恋愛が気になる
  5. 10年後にも同じ気持ちでいられるか?

続いて、それぞれの本音について詳しくみていきます。

本音①:経済的格差の不安

年齢差が大きくなるほど、年下彼氏と女性との社会人としての経験も変わってくるので、その分収入も差がつきます。
結婚後は女性も仕事を続けるという場合、毎月の給料の差が気になってしまい、年下彼氏が経済的格差を気にして卑屈になってしまうことも…。

年下でも男性としてのプライドがあるので、口には出さなくても、経済的格差があると複雑な気持ちになってしまうのも仕方ないことです。
女性が仕事を辞めた場合は、収入が減るので将来を不安に思うなど、また別の面で不安が生じます。

本音②:頼ってもらえているか不安

年下彼氏と結婚したことで、女性が甘えたいのに遠慮しているのではないか?と心配してしまう男性もいるようです。

女性目線ではあまり年齢は気にせず、夫に余計な心配をかけたくないという配慮から黙っていることでも、男性目線だと年下彼氏と結婚したから頼りにならないと思われているのでは?と考えてしまうのです。

この場合は夫婦でよく話し合うことで解決できます。
年齢差を気にしすぎると、お互い遠慮があって誤解が生じやすいので、なんでも話し合うようルールを決めておくのもおすすめです。

本音③:周囲に反対されるのでは?

男性の方が年上の場合は、あまり気にされないのですが、女性の方が年上だとなぜか親や周囲がいい顔をしないことがあります。
年齢差が少なければ姉さん女房とプラスに受け取られますが、年齢差が大きくなるほど反対する人も出てきます。

これは双方の両親や親戚の考え方にもよりますが、女性が年下彼氏と結婚する場合、女性の年齢によっては高齢出産になるので、そのことを不安に思うことが理由です。
お互いが納得していても、年下彼氏との結婚は年齢の差がネックになってしまうことも少なくないのです。

本音④:過去の恋愛が気になる

少しの年齢差でも、年下彼氏にとっては結婚する女性の過去は気になるものです。
自分よりも年上ということは、それだけ恋愛経験も男性経験も豊富と考えるのは仕方ないこと。

しかし女性目線では、過去は過去で今は年下彼氏と結婚を考えているので、そういう風に見られていることを嫌がる人もいます。
これは年齢や性別に関係ない部分もありますので、相手を信頼するのが一番の解決策です。

本音⑤:10年後にも同じ気持ちでいられるか?

年下彼氏が年上の女性と結婚する場合、年齢差が大きいほど女性の方が先に歳をとりますし、衰えなども目立ち始めるようになります。

年下彼氏にいい刺激を受け実年齢よりも若く見えても、やはり老いを目の当たりにしてしまうと、そのとき自分よりも年上の女性を今と変わらず愛し続けられるかどうかを不安に思ってしまうことも。

見た目は何とかなっても、夫婦生活での不安が拭いきれないというのは年下彼氏の本音として多く聞かれる意見です。
もちろん全ての年下彼氏がそう思うわけではありませんが、結婚する以上そういう可能性があることは女性も覚えておいた方がいいかもしれませんね。

<下に続く>

年下彼氏が結婚したいと思う女性の特徴

年上女性と結婚出来て嬉しい年下彼氏

年下彼氏が結婚したいと思う女性にはどのような特徴があるのでしょう。

  1. 年齢を気にしない
  2. 年下彼氏を見下さない
  3. 気遣いができる
  4. いつも穏やか
  5. 自立している

年下彼氏が結婚したいと思う女性の特徴をひとつずつ紹介します。

特徴①:年齢を気にしない

年下彼氏と結婚しても、一生年齢差は埋められません。
いくつ違うかにもよりますが、年齢差が大きいほど女性が卑屈になってしまいがちです。

年下彼氏も結婚すると決めた以上覚悟はしているので、実際は女性が思うほどあまり年齢を気にしていません。
女性はどうしても年齢を気にしすぎる傾向があるので、そういうところでピリピリしてしまうと年下彼氏が引いてしまうかも?

年齢など気にせず一緒にいて楽しいと思える女性は、例え年が離れていても女性を魅力的に思えるのです。

特徴②:年下彼氏を見下さない

女性の方が年上だと、年下彼氏と結婚してもついつい上から目線になってしまうことがあります。
これは付き合っているときにも注意しなければいけないこと!

年下彼氏でも男性である以上、男としてのプライドがあります。
男性はプライドが高めの傾向があるので、いくら年上でも見下されるのは嫌なものです。

使いっているときからなんとなく性格は見えてくるので、年下彼氏でも見下さず男性を立てられる女性は、居心地がいいと思われます。
一緒にいて居心地がいい女性は、結婚したいと思われやすいでしょう。

特徴③:気遣いができる

年齢に関係なく、気遣いができない女性はあまりいい印象には見られません。
ただでさえ年下彼氏というだけで、頼りないと思われているのでは?と不安に思う男性もいます。

女性からの気遣いがあれば、そんな不安をかき消せます。
年上でも遠慮なく甘える女性を可愛いと思えるものですが、自分に余裕がないときや疲れているときも構わず甘えてくるようだとうんざりされてしまうでしょう。

常に人を気遣える女性は、結婚しても安心というイメージがあるので、年下彼氏も結婚を考えるきっかけになるかもしれません。

特徴④:いつも穏やか

性格も関係してきますが、いくら愛する女性でも何かある度にヒステリックになる人は男性に敬遠されがちです。
特に年上女性の扱い方を知らない年下彼氏の場合は、女性が何かある度に怒ったり泣いたりするとどう対処していいかわからず混乱します。

最初はなんとかしようとしても、毎回そうなるとそのうち手に負えないと離れていってしまうかも?
いつも穏やかで優しい女性は、年下彼氏にとっても結婚したい対象に見られます。

特徴⑤:自立している

女性に甘えられたい願望があっても、べったり依存されると年下彼氏から重い面倒な女と思われてしまいます。
女性が年上でも適度に可愛く甘えられるならいいのですが、年下彼氏にべったり依存するのはおすすめできません。

むしろ自立していて、しっかりしている女性の方が魅力的に見えます。
自立している女性は、自分の時間を大切にします。

自分の時間は年下彼氏も持つべきと考えるので、適度にいい距離感を保てるのがメリットです。

<下に続く>

年下彼氏が年上彼女との結婚に後悔した瞬間

結婚に後悔しそうな年下彼氏

年下彼氏が年上彼女との結婚に後悔した瞬間とは?

  1. 老けるのが早い
  2. 口うるさい
  3. 夫を見下している
  4. 友達夫婦との差
  5. 話が合わない

続いて、年下彼氏が年上彼女との結婚に後悔した瞬間について詳しくみていきます。

後悔した瞬間①:老けるのが早い

差書から年の差があるので、年下彼氏も結婚前にはある程度覚悟はしていても、実際に生活を共にする結婚は、そう甘いものではないと現実を見せつけられ後悔してしまうことがあります。

女性との年齢差が大きいと、年下彼氏よりも女性の方が早く老いが現れます。
女性も気をつけているので感じさせないようにしていても、日々の生活でどうしても目についてしまう老けを感じるとき、年下彼氏は年上女性と結婚したことを後悔してしまうのです。

後悔した瞬間②:口うるさい

年上の女性はおおらかで頼りになると結婚前はそう思っていた年下彼氏でも、結婚して家族になると、何かに付け口うるさくいうことにうんざりしてしまうようになります。
これは年齢に関係なく夫婦の間に起こりやすいことですが、年上というだけでなんとなく説教臭いと同じてしまうのは仕方ないことです。

妻というより口うるさい母親みたいに思えたとき、年下彼氏は結婚したことを後悔してしまうことがあります。

後悔した瞬間③:夫を見下している

最初は謙虚だった年上妻も、結婚して遠慮がなくなると年下彼氏を見下してしまうこともあります。
悪気がなく何気なく若いからと指摘したことでも、年下彼氏にとっては見下されていると思ってしまうもの。

勘違いや誤解ならまだ話し合いで解決できますが、女性が結婚した安心感から遠慮や謙虚さを失ってしまうと、年下彼氏は騙されたと思い結婚したことを後悔するのです。

後悔した瞬間④:友達夫婦との差

自分のところは年下彼氏で妻が年上えも、友達がそうとは限りません。
友達夫婦と一緒に出かけたり、家族ぐるみの付き合いをしたりという場合、若い奥さんをもらった友達よりも、自分の妻が老けて見えてしまったとき、それを後悔する年下彼氏もいるようです。

年上妻も友達の奥さんと仲良くしたいと思っても、なんとなく壁を感じて上手く打ち解けられないこともあります。
家族ぐるみの付き合いを好む年下彼氏の場合は、思うように行かないのも後悔する理由となってしまいがちです。

後悔した瞬間⑤:話が合わない

年齢差が大きくなるほど、何気ない会話でも話が合わずジェネレーションギャップを感じてしまいます。
結婚前からわかっていたことでも、夫婦の憩いの時間に会話が合わないことに、結婚したことを後悔してしまうことがあります。

年下彼氏がこう思うように、妻も話が合わないと感じているので、この場合はお互い共通の話をするか、お互い知らないことを教え合うなど歩み寄りも必要です。

<下に続く>

年下彼氏に結婚を意識させる方法

年下彼氏に結婚したいと思わせた女性

年下彼氏に結婚を意識させる5つの方法とは?

  1. 素直に言う
  2. 周囲を味方にする
  3. 究極の選択を迫る
  4. 包容力をアピール
  5. 彼氏を立てる

年下彼氏に結婚を意識させる方法を、それぞれにみていきます。

方法①:素直に言う

女性からプロポーズするのは相当勇気が必要です。
さらに年下彼氏となると、まだ結婚を考えられないのでは?と不安に思ってしまうのも仕方ありません。

1人でモヤモヤしているなら、素直に気持ちを伝えてみるのもいいかもしれません。
もし期待とは違う結果でも、ズルズル付き合い時間を無駄にするのを回避できます。

方法②:周囲を味方にする

お互い将来結婚しようと話をしていても、年下彼氏の場合が自分の年齢で考えがち。
もしもお互いの両親にも紹介済みで、両親公認の仲なら両親や親戚を味方にして、年下彼氏にそれとなくアピールしてもらうのもいい方法です。

腰が重い年下彼氏には有効と言えるでしょう。

方法③:究極の選択を迫る

女性は出産もあるので、できれば早く結婚したいと考える人も少なくありません。
年下彼氏がなかなか煮え切らないなら、結婚するか別れるか究極の選択を投げかけてみるのも一つの方法です。

それで年下彼氏がその気になる場合もあれば、まだ結婚は考えられないという答えになる可能性もありますが、ズルズルと関係を続けずに済みます。

方法④:包容力をアピール

年下彼氏にとって、年上の女性は頼りになるイメージがあります。
それをうまく活用して包容力をアピールすれば、一緒にいても支えてくれるので安心できます。

居心地のいい女性は年上でも男性にとっては癒しになるので、結婚してもいいかなと思ってもらえるかもしれません。

方法⑤:彼氏を立てる

年上だからと馬鹿にされたり見下されたりすれば、男性も嫌気がさします。
常に彼氏を立てる年上女性は、年上彼氏から見ても女性らしく優しい素敵な人に見えます。

何気ないところでも年下彼氏を立てられる女性なら、結婚してもうまくやっていけそうと思ってもらえるでしょう。

<下に続く>

年下彼氏が結婚を意識するタイミング

ベストタイミングで年下彼氏と結婚した女性

年下彼氏はどんなときに結婚を意識するのでしょうか?

  1. 思いやりを見せてくれたとき
  2. 料理上手
  3. 頼りがいがある

年下彼氏が結婚を意識するタイミングを詳しくみていきます。

タイミング①:思いやりを見せてくれたとき

人を思いやれる女性は、性別に関係なく好印象です。
年下彼氏でも馬鹿にしたり子供扱いしたりせず、思いやりを持って接する人は年下彼氏から見ても好印象間違いなし!

何気ないときの思いやりは、年下彼氏のハートを鷲掴みできます。

タイミング②:料理上手

結婚したら毎日家で食事をします。
たまには外食もありですが、料理上手な妻を持つと男性は早く家に帰りたいと思うものです。

年下彼氏でも料理上手な女性は魅力的に思えますので、胃袋をがっちりつかむのもおすすめです。

タイミング③:頼りがいがある

年下彼氏は自分を頼ってほしいと思っていても、弱っているときは女性を頼りたくなることもあります。
弱っているときに年下彼氏を支えてくれる女性は、頼りがいがあって心強いと感じられますので、結婚を意識するきっかけになりやすいです。

<下に続く>

女性から年下彼氏に逆プロポーズするタイミング

年下彼氏にプロポーズして結婚する女性

女性から年下彼氏に逆プロポーズするタイミングはいつ?

  1. 期間を決めておく
  2. 彼氏の仕事が順調なとき
  3. 同棲の誘いがあったとき

女性から年下彼氏に逆プロポーズするタイミングについて個別にみていきます。

タイミング①:期間を決めておく

女性の方がかなり年上で結婚に少し焦りがある場合は、付き合う期間を決めてその期間内に答えがでないようなら、女性からプロポーズするという選択肢もあります。
交際から1年とか、30歳になる前までなど、女性が決めた期間に答えがでないときは、思い切ってプロポーズしてみては?

タイミング②:彼氏の仕事が順調なとき

年下彼氏にいきなりプロポーズしても、ドン引きされたらどうしようと不安になるものです。
タイミングとしておすすめなのは、彼氏の仕事が順調なとき!

仕事が順調だと気分もいいので、女性からのプロポーズに驚きつつもOKの返事がもらえる可能性はあります。

タイミング③:同棲の誘いがあったとき

年下彼氏から同棲しない?と誘われたときに、結婚を前提にした同棲ならOKと答えるといいでしょう。
直接のプロポーズではないものの、年下彼氏に結婚を意識させることができます。

<下に続く>

年下彼氏に結婚を意識させる方法とベストなタイミングまとめ

年上彼女と結婚した年下彼氏

結婚は女性にとっても男性にとっても人生の一大イベントです。
年下彼氏との結婚は、年齢差がネックになることも少なくありません。

しかし年下彼氏と結婚して幸せに暮らしている女性もたくさんいますので、年齢差はあまり気にせず1人の男性として尊重することを心がけてくださいね。
現在交際中で年下彼氏との結婚を考えているなら、結婚したくなるような女性でいられるよう努力も必要です。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line